AMPの仕組みとメリットをわかりやすく解説! SEO対策

AMPの仕組みとメリットをわかりやすく解説!

AMPの基本概念とその目的

AMP(Accelerated Mobile Pages)は、モバイルデバイスに特化して開発されたオープンソースのフレームワークであり、ウェブページの読み込みを高速化することが基本概念です。具体的には、AMPは簡略化されたHTML、特別に設計されたJavaScriptライブラリ、そしてGoogle AMP Cacheを使用し、ウェブコンテンツを瞬時にロードするための標準化された手法を提供します。この技術の主な目的は、ユーザーに快適なブラウジング体験を提供することにあり、ページの読み込み時間の短縮を通じて、ウェブサイトへの滞在時間の増加や離脱率の低下を促進し、最終的にはウェブサイトのパフォーマンス向上に寄与することです。

Accelerated Mobile Pagesプロジェクトの始まり

Accelerated Mobile Pages(AMP)プロジェクトは、Googleが主導するオープンソースの取り組みです。このプロジェクトは2015年10月にスタートしました。スマートフォンやタブレット等のモバイルデバイスでウェブページを表示する際の速度を大幅に向上させることを目的としています。モバイルユーザーが増え続けている現代において、ページの読み込み速度は非常に重要なファクターとなっています。AMPはこの課題に対応するため、簡素化されたHTMLコード、専用のJavaScriptフレームワーク、そして高速なコンテンツ配信を可能にするGoogle AMPキャッシュなどを用いることで、ユーザーエクスペリエンスの向上を図るプロジェクトです。

AMPの主な特徴と構成要素

AMP(Accelerated Mobile Pages)の主要な特徴は、モバイルデバイスでの迅速なコンテンツ表示を実現することにあります。AMPでは、構成要素として特殊な AMP HTMLAMP JS、そしてAMP Cacheが挙げられます。AMP HTMLは通常のHTMLをベースに、パフォーマンス向上のためにカスタムタグや拡張機能が追加されています。AMP JSライブラリはリソースの非同期読み込みを助け、ページのレンダリング速度を高める役割を果たしています。また、AMP CacheはGoogleが提供する、AMP ページを最速で読み込むためのプロキシベースのコンテンツ配信ネットワーク(CDN)です。これらの要素が組み合わさることで、AMPはその圧倒的なページ速度とモバイル最適化を実現し、ユーザーエクスペリエンスの向上に貢献しています。

HTMLテンプレートとAMP宣言の役割

AMPで重要なのは、AMP固有のHTMLテンプレートの利用です。これは既存のHTMLから特定のタグを省略したり、AMP専用のタグを使用して構成されます。例えば、外部スタイルシートの代わりにインラインCSSを使用し、JavaScriptの使用を制限することで、ページの読み込みを早めます。さらに重要なのが、「<html ⚡>」または「<html amp>」というAMP宣言です。これによりブラウザやGoogle AMP Cacheは、ページがAMP規格に準拠していることを認識し、適切な処理を行うことができます。AMP宣言により、高速なページ表示を実現するための基盤が整えられるのです。

必要なJSライブラリとカノニカルアノテーション

AMPページを機能させるためには、必要なJavaScript(JS)ライブラリが不可欠です。AMP JSと呼ばれるこのライブラリは、ページ読み込みを高速化し、リソースの遅延ロードや優先度付けを管理しています。また、AMP JSは非同期で読み込まれるため、ページの描画を妨げることなくパフォーマンスを最適化します。さらに、AMPページはカノニカルアノテーション( タグ)を含める必要があり、これによりAMPページのオリジナルバージョンを検索エンジンに教える役割を果たしています。カノニカルタグは、コンテンツの重複を防ぎ、SEOにおけるページの正当性を保つために重要です。

AMP対応方法とその手順

AMP対応ページを作成する際には、以下の手順を踏んで進めることが重要です。初めに、標準のHTMLからAMP HTMLへの変換基準に従い、AMP用の特別なタグを使用します。たとえば、通常の<img>タグは<amp-img>に変更する必要があります。次に、AMP JSライブラリをページに組み込み、非同期でリソースをロードし、ページのパフォーマンスを最適化します。さらに、カノニカルタグをヘッダーに挿入し、検索エンジンに対してオリジナルのページを示します。これらのステップを進めることで、AMP対応ページは高速に情報をユーザーに届けるよう最適化されます。

構造化マークアップの定型句とAMP対応のステップ

AMP対応ページを構築するためには、構造化マークアップの定型句を理解することが重要です。以下に、AMP対応ページを作成する際の基本的なステップを挙げます。

  • 通常のHTMLタグを、AMP仕様に則したタグに変更する。
  • <html amp>」宣言をドキュメントのHTMLタグに追加し、AMPページであることを示す。
  • AMP JSライブラリを用いて、外部リソースのロードを管理し、表示優先順位を設定する。
  • CSSはインラインスタイルで記述し、サイズの上限を守る。
  • 画像や動画などのメディア要素をAMP独自のタグに置き換える。
  • ページのヘッダーにカノニカルタグを挿入し、元のページとAMPページの関連付けを明確にする。

以上のステップを適切に実行することで、AMPの仕様に沿ったページを作成し、モバイルでの高速なコンテンツ配信が実現します。

AMPカルーセルなどの表示機能とAMPキャッシュの理解

AMPカルーセルは、AMPでの刺激的なビジュアル体験を提供するコンポーネントの一つです。複数の画像や記事を横にスクロール表示することができ、ユーザーは指で簡単にコンテンツをめくるように閲覧可能です。このようなインタラクティブな機能は、AMPライブラリによって最適化されており、ロード時間の遅延を防ぎつつ滑らかな操作性を実現します。一方、AMPキャッシュはGoogleが提供するキャッシュサーバーで、AMPページを事前にキャッシュし、リクエスト時に迅速に配信するシステムです。この結果、ページのロード時間が大幅に短縮され、ユーザー体験が向上します。AMPカルーセルとAMPキャッシュは相互に機能し、速度とエンゲージメントの向上を効果的に支援するコア機能となっています。

AMP導入のメリットとユーザーエクスペリエンスの向上

AMP(Accelerated Mobile Pages)を導入することで、多くのメリットが得られます。特に重要なのは、ページ表示速度の顕著な向上であり、これが直接ユーザーエクスペリエンスの質を高めます。モバイルデバイスの利用者は、素早く情報を得られることを好むため、AMP対応ページはユーザーの満足度を大幅に向上させることが期待できます。さらに、AMPは検索エンジンによるページの優遇を受けやすくなります。これにより、検索結果の上位に表示される可能性が高くなり、より多くのトラフィックとエンゲージメントが期待できるのです。この結果、ウェブサイトのブランド価値とリターンビジターを増加させる効果があります。AMP導入は、SEO対策上も有効であるため、ユーザーエクスペリエンスの改善と併せ、サイトのパフォーマンスを全体的に向上させる戦略といえるでしょう。

ページ表示速度の向上とその影響

AMPの導入は、特にモバイルユーザーのページ表示速度を大幅に向上させます。このスピードの向上は、ユーザーエンゲージメントを高め、離脱率を低下させる要因となります。サイトの応答が速いほど、ユーザーはスムーズなブラウジング体験を享受し、内容への理解深まる可能性があります。これにより、コンバージョン率の増加にも繋がる可能性があり、特にeコマースサイトの場合は売上向上に直結することも。AMPの利用はユーザーの満足度を上げることで、間接的にサイトの権威性と信頼性を構築し、結果的にSEOパフォーマンスの向上に貢献すると言えるでしょう。

AMPによる検索結果上位表示の可能性

AMPを導入すると、Googleなどの検索エンジンによるウェブページの評価が高まる可能性があります。検索エンジンは利用者に良質なコンテンツを素早く提供することを目指しており、AMPはその要件を満たします。特に、モバイル検索においては、AMPページは優先的に表示されることがしばしばあります。これは、高速に読み込めるページがユーザーエクスペリエンスを向上させるため、検索結果における順位が改善する理由の一つです。しかし、AMPだけが検索ランキングに影響を与えるわけではなく、高品質なコンテンツやSEOの他の側面も重要です。結局のところ、AMPは検索結果において有利な要素の一つであり、全体的な検索エンジン最適化戦略の中で賢く利用すべきでしょう。

AMPでの広告配信と収益化のポイント

AMPページを通じた広告配信は、その表示速度の速さからユーザーengagementを高め、改善されたクリックスルーレート(CTR)を実現する可能性があります。AMPでの広告は、AMP専用の広告タグを利用して表示され、通常のウェブページよりも高速にロードされる特徴があります。これにより、ユーザーが広告を見過ごすことが少なくなり、広告主の視認性が向上するというメリットがあります。また、AMP対応広告は、コンテンツへの干渉を最小限に抑えつつ、ユーザー体験を損なわずに効果的なメッセージを配信することができるため、収益化に大きな影響を与え得るのです。ただし、AMPページに適した広告フォーマットや設定を行うことが重要ですが、そのためにはAMP公式サイトで提供されているガイドラインやベストプラクティスを遵守する必要があります。

AMPでのアドセンス掲載の方法と効果

AMPで広告を掲載するには、AMP用のアドセンスコードを使用する必要があります。通常のHTMLページとは異なり、AMPページではamp-adという専用のタグを利用して広告を表示します。このタグにより、ページの表示速度を落とすことなく、効率的に広告を読み込むことができます。また、AMPページは読み込みが高速であるため、ユーザーがページをすぐに離れることなく、広告が視認される可能性が向上します。これにより、クリック率の向上と収益の増加が期待できるのです。重要なのは、AMPの仕組みに合わせた適切な広告配置と、ページのコンテンツとの調和を図ることで、最終的にユーザーにとっても、出版者にとっても価値のある経験を提供することです。

AMPと非AMPのページの広告収益比較

AMPと非AMPのページでは、表面上の広告収益に差があります。AMPページは、高速な表示でユーザー離脱率を低く保ち、広告への露出機会も多いため、CTR(クリック率)の向上が見込まれます。一方で、AMPは広告の種類や配置に一定の制限があり、カスタマイズの自由度が非AMPページに比べて低くなることも事実です。しかし、AMPの高いパフォーマンスは広告主の関心を集めやすく、結果的に高いeCPM(収益千インプレッション単価)へとつながりやすいとされています。長期的な運用を視野に入れた時に、AMPは非AMPに比べて安定した広告収益を得やすい環境を提供する可能性があります。

AMP対応ページのSEOと検索結果への影響

AMP対応ページは、Googleの検索結果における表示速度を大幅に改善することができます。この高速化は、ウェブサイトのユーザーエクスペリエンスを向上させるだけでなく、検索エンジンのランキングにも肯定的な影響を与えることが知られています。Googleはページの読み込み速度をランキングの要素の一つとして考慮しており、AMPはその速度を向上させるのに役立ちます。しかし、AMPがSEOランキングを直接的に向上させるわけではなく、あくまでページのパフォーマンス改善が検索順位へ間接的に貢献するのです。AMPは、モバイルフレンドリーなコンテンツを優遇する検索アルゴリズムの動向とも合致しており、AMPを導入することで検索エンジンによる評価が上がる可能性があります。

AMP対応で検索上位になる方法

AMP対応が検索結果に与える影響は大きく、ページのローディング時間が短縮される事で、ユーザビリティが向上し、検索エンジンにより優遇される傾向にあります。AMP対応のページが検索上位に位置づけられるためのポイントをいくつか紹介します。

  • 効率的なコーディング:冗長なJavaScriptやスタイルシートを削減し、AMPのガイドラインに沿った最適化を行う。
  • AMPバリデーション:AMPページが正しくコーディングされているかを確認し、エラーがないことを保証する。
  • 高品質コンテンツ:検索アルゴリズムは質の高いコンテンツを評価しますので、AMPページにも優れたコンテンツを提供することが重要です。
  • モバイルファースト:AMPはモバイル最適化の一環ですので、モバイルユーザーに焦点を当てたコンテンツやデザインを心がけることが必要です。

これらの点に注意を払いながら、AMPの導入及び最適化を進めることで、Googleの検索結果において高い位置を占める可能性が広がります。

AMPページと検索エンジンの関係性

AMPページは、Google検索エンジンにおいて特別な扱いを受けています。GoogleはAMPをサポートしており、モバイル検索結果においてAMPページを優先的に表示することがあります。これは、AMPページが従来のモバイルページに比べて読み込み速度が速いため、ユーザー体験が向上すると判断されるからです。さらに、AMPページは「瞬間的に読み込む」という特徴をGoogleが評価し、AMPページを含む検索結果にはライトニングボルトのアイコンが付くことが多く、これにより、ユーザーにとって識別しやすい利点があります。ただし、AMPページが常に非AMPページよりも上位に表示されるわけではなく、内容の品質や関連性、さらには全体のSEO対策は引き続き大切な要素であることを忘れてはなりません。

まとめ

この記事では、AMP(Accelerated Mobile Pages)の基本的な仕組みと、ウェブサイトのパフォーマンスに与えるメリットを明確にしました。AMPがモバイル端末でのページ表示速度を向上させる方法、検索結果での上位表示にどう影響するか、そして広告配信や収益化における考え方についても探りました。AMPの導入がSEOにおいて重要な役割を果たし、これによりユーザーエクスペリエンスの向上が期待できることが分かります。読後は、ご自身のサイトにAMPを活用することを検討し、ユーザーにとってより良いウェブ体験を提供するための一歩を踏み出してください。

この記事を書いた人

SEO対策などのWEBマーケティングの研究を日々行なっております。デジタルマーケティングのことが誰にでもわかりやすいように、定期的に情報を発信します。

Cominka Labo Teamをフォローする
SEO対策
記事を共有する
IRORI by Cominka