Googleが重視する評価基準EEATとは?SEO対策のポイントを徹底解説 SEO対策

Googleが重視する評価基準EEATとは?SEO対策のポイントを徹底解説

EEATとは?

EEAT(Expertise, Experience, Authoritativeness, Trustworthiness)は、Googleがウェブページの品質を評価する基準のひとつとして掲げている概念です。Googleはこの標準に則り、情報の正確さや作者の専門性、ドメインの信頼性をはじめ、コンテンツの品質を総合的に判断しています。

EEATは主にGoogleの検索アルゴリズムにおける「品質評価ガイドライン」において重視され、Visitorsを通じて彼らが求める最適な情報を提供するための重要な要素とされています。Googleに求められるのは、ユーザーにとって価値のあるコンテンツを見極める能力であり、EEATはその判断指針のひとつとなっています。

近年では、ネットユーザーがトラブルや誤解を防ぎ、正しい判断を下すことを支援するために、このEEATの評価基準がますます重視されており、ウェブサイト運営者やコンテンツクリエイターはEEATの理解とその充実を心がける必要があるでしょう。

EEATの意味とは?

EEATとは、"Expertise(専門性)"、"Experience(経験)"、"Authoritativeness(権威性)"、そして"Trustworthiness(信頼性)"を組み合わせた用語で、GoogleがWebページの品質を測定する際に重視する評価基準です。専門性はコンテンツ作成者がその分野における知識や経験を持っているかどうかを指し、権威性はそのページまたはサイトが情報源としてどれだけ確固たる地位を築いているか、また信頼性は情報の正確性や、ユーザーからの信頼があるかを意味します。Googleは、こうした要素が検索結果において価値あるコンテンツをユーザーへ提供するための重要な役割を果たすと考えています。つまり、EEATを理解し、それを重視することは、高品質なコンテンツを創出し、検索エンジンにおいてより良い評価を得るための鍵なのです。

EEATの重要性とは?

Google検索結果の質を決定づける中心的な要因として、EEATという指標が注目されています。この理由は、ユーザーが正確で信頼性の高い情報を簡単に得られるようにするためです。すなわち、EEATを重視することは、Googleが最も優先する目的である「検索してきたユーザーに最も適切なコンテンツを提供する」という点に直結しています。

専門性(Expertise)、経験(Experience)、権威性(Authoritativeness)、信頼性(Trustworthiness)の4つの要素は、コンテンツがユーザーにとって有益であることを示す指標です。検索エンジンはこれらの基準を満たすコンテンツを高く評価し、検索結果の上位に表示する傾向にあります。このため、Webサイト運営者やコンテンツクリエーターにとって、EEATの理解と向上は、SEO対策の中でも中心的な位置を占める必要があります。

また、高いEEATを持つコンテンツは、Googleのみならずユーザーに対しても魅力的です。ユーザーが信頼できる情報源として認識することで、リピート訪問やサイトに対するポジティブな評価など、長期的な視点で見た時の大きなメリットとなります。これにより、サイトのブランド価値を高め、ビジネスの成功に貢献することが期待できるのです。

エンドユーザーの満足度を高めることは、Googleが目指す検索エンジンとしての役割と完全に一致しています。従って、EEATの重要性を認識し、それに沿った高品質なコンテンツの提供は、SEO対策だけでなく、ユーザーエクスペリエンスの向上においても必要不可欠なのです。

EEATが評価されるポイントとは?

GoogleがWebページを評価する際、EEATが非常に重要な役割を担っています。以下はEEATが特に評価される主要なポイントです。

  • 内容の専門性:Webページ上の情報はそれを提供する著者または組織の専門知識を根拠にしたものであることが求められます。具体的には、専門的なトピックや複雑な問題について、詳細かつ正確な情報を提供しているかどうかがチェックされます。
  • 著者/組織の権威性:提供者がその分野で認められた権威であるか、また、その内容が公式かつ信頼できる情報源から来ているかどうかが重要視されます。これには関連する資格や経験、称号、公式な認証や受賞歴などが含まれます。
  • コンテンツの信頼性:情報が現実に即していて、検証可能なデータや証拠に基づいているかが評価されます。信頼性を高めるためには、引用や参照元を明記することが望ましいです。
  • ユーザーの経験:Webページはユーザーにとって使いやすく、アクセスしやすいことが求められます。ページの構造やデザイン、ロード時間などもEEATの一環としてGoogleによって評価されます。

EEATの評価基準は、単なるキーワードの配置やメタデータの最適化を超えた真の価値を提供するコンテンツの重要性を強調しています。これらのポイントは、Googleが如何にユーザーにとって有益な情報源を提供しようとしているかの示唆であり、同時にウェブマスターやコンテンツクリエイターにとって品質重視のSEO対策を促進する原動力となっています。

EEATの向上方法

EEAT(専門性、権威性、信頼性、そしてユーザー体験)の向上は、Googleの評価を高めることはもちろん、訪問者に価値あるコンテンツを提供することにも繋がります。EEATの向上方法は、それぞれの要素が複合的に関わってきますが、基本的な指針に従って取り組むことがカギとなります。

まず、「専門性」を高めるためにはコンテンツクリエイターやウェブサイトオーナーが自分の分野において深い知識を持ち、それを発信することが重要になります。これには専門的なトピックへの精通はもちろんのこと、詳細かつ正確な情報を提供することが必要です。

次に、「権威性」の向上は、他の専門家や信頼されている情報源からの引用や推薦を得ることで強化することができます。また、自身の分野における資格や実績を明確に提示し、認識されることも権威性アップに寄与します。

「信頼性」については、ウェブサイトのセキュリティの確保、透明な情報公開、ユーザーのプライバシーへの配慮などが不可欠です。ユーザーからのフィードバックやレビューに対して真摯に対応し、誠実なコミュニケーションを保つことも、信頼を築く上で効果的です。

最後に、優れた「ユーザー体験」を提供することが全体のEEATを向上させるということを忘れてはいけません。ユーザーフレンドリーなデザイン、高速なページ読み込み、そしてアクセシビリティの向上は、Googleのアルゴリズムにとっても重要なファクターです。

これらの要素を総合的に改善することにより、検索ランキングの向上はもちろんのこと、ユーザーからの信頼と尊敬を獲得し、長期的にサイトの価値を高めることが可能になります。EEATの各要素は独立しているように見えますが、実際には緊密に結びついており、それぞれが相乗効果を生むため、バランスよく向上させることが求められます。

専門性とは?

専門性とは、ウェブページまたはコンテンツ制作者が特定の主題に対して高度な知識や技能を持っていることを指します。Googleは、コンテンツがその分野で豊富な知識を持った専門家によって提供されているかどうかを評価します。これはユーザーが正確で信頼できる情報を受け取るために不可欠です。たとえば医療、法律、財務などの分野では専門性が特に重視されます。

具体的には、コンテンツ作成者の経験や資格、実績などの背景がこの専門性を示す要素です。また、使用される用語の正確さやコンテンツの深堀り具合、理論や実証に裏打ちされた内容なども含まれます。専門性が高いと判断されるためには、執筆者がその分野において十分な経験を有していることをユーザーに認識させることが重要で、それにより信頼性と権威性を相乗的に高めることが可能となります。

記事やウェブサイト全体で専門性を発揮するためには、細部に渡ってきめ細かいリサーチを行ない、専門家による監修や寄稿を得て、その情報が正確かつ最新であることを確認することが推奨されます。その結果、Googleの評価はもちろん、ユーザーからの信頼を得ることができるでしょう。

権威性とは?

権威性(Authoritativeness)は、EEAT評価基準の中核をなす要素の一つで、ある情報源がその分野においてどの程度信頼と尊敬を集めているかを示します。Googleでは、情報の信ぴょう性を判断する際に、その情報源が業界内外でどれだけ権威あるかを重視しています。権威性を持つウェブサイトやコンテンツ作成者は、一般的にその業界や分野において認知され、評価されていることが多く、ユーザーからの信頼が高いとされています。

権威性の高さは、多くの場合、専門的な資格や経験、業界での実績などによって築かれます。例えば、医療分野のウェブページにおいては、医師や医学専門家によって書かれた内容、リサーチ結果が掲載されていることが権威あるコンテンツの一例です。同様に、法律分野の場合は弁護士や法学者、金融においては認定されたファイナンシャルプランナーや経済学者の提供する情報が権威性を持つとされます。

ウェブサイトを運営する側では、他の専門家や機関によって引用されること、業界関連の賞を獲得していること、専門家や組織との共同研究やプロジェクトなどを通じてその分野での認知度を高めることなどが、権威性を示す要因になり得ます。Googleはこれらの点を評価し、権威性の高い情報源からのコンテンツを検索結果において高くランク付けし、ユーザーに提供する傾向にあります。したがって、権威性は検索エンジンにとっても、末端のユーザーにとっても非常に重要な評価の指標となります。

信頼性とは?

信頼性は、情報が正確で信じられる度合いを表します。これは、Googleがウェブページの評価を行う際に非常に重視する要素です。信頼できる情報源は、正しいデータ、論文、統計など、検証可能な事実に基づいて情報提供をしています。ユーザーは情報の正確性を疑わなく、安心してその情報を受け入れ、活用することができるため、Googleもそのような信頼性の高いコンテンツを好む傾向にあります。

ウェブサイトが高い信頼性を実現するためには、情報源が明確であったり、著者がそれぞれの分野で専門知識を持つことが明示されていることが求められます。さらに、発表される情報に対する積極的な検証や、間違いが発見された場合の迅速な訂正、透明性のある情報提供が信頼性を高める要因となり得ます。

ユーザーのレビューや評価も信頼性を高める上での指標となります。特に、実際の利用者からの肯定的なフィードバックは、新規のユーザーにとって参考になりますし、サイトやサービスへの信頼感を強化します。しかし、信頼性の確保は時間がかかるプロセスであり、一過性の努力ではなく、継続的な品質管理とユーザーとの真摯なコミュニケーションが求められます。

ウェブでの信頼性は、ただ情報を掲載するだけでなく、その情報に責任を持ち、ユーザーの利益を第一に考える姿勢が根底にあるべきです。最終的には、信頼性の高いコンテンツは、結果としてウェブサイトへのトラフィック増加、高い評価、そして優れたSEOパフォーマンスに繋がります。

EEATを高めるための具体的な方法

Googleの評価基準であるEEAT(専門性、権威性、信頼性、そしてユーザー体験)を高めるためには、具体的な取り組みが必要です。サイトやコンテンツが高いEEATを保つためには、以下の方法が効果的です。

  • 専門性の向上:特定のトピックや分野に対する深い知識やスキルを持つことが重要です。そのためには、専門知識を持つ執筆者による記事の執筆、業界での最新情報やトレンドについて定期的に学び続けるなどの継続的な努力が必要になります。
  • 権威性の構築:分野内での尊敬される情報源となるためには、第三者からの評価やレビュー、賞などによって権威性を示すことが有効です。また、独自の調査や白書を発行することで、専門家としての地位を築くことができます。
  • 信頼性の保証:正確で信頼に足る情報を提供することが、信頼性を高めるためには不可欠です。ソースの明記、客観的なデータや事実を基にした内容作成が重要となります。
  • ユーザー体験の向上:サイトのナビゲーションの容易さ、ローディングスピードの向上、レスポンシブデザインの採用などを通じて、ユーザーが快適にサイトを使用できるよう努める事もEEATの向上には欠かせません。

これらの要素は相互に関連しており、一つを改善することが全体の評価向上に繋がります。そのため、これらすべてにおいて総合的なアプローチをとることが、Googleからの評価を高める鍵となるでしょう。最終的には、これらの取り組みがEEATを高め、検索エンジンにおけるランキング向上だけでなく、ユーザーからの信頼と尊敬を得ることに繋がります。

オリジナル情報の提供

Googleの評価基準EEATを向上させるためには、オリジナル情報の提供が不可欠です。オリジナルコンテンツとは、他の情報源には存在しない独自の視点やデータ、分析、調査結果を含めることで、読者に新鮮かつ価値ある知識を提供するものです。サイトがオリジナルな情報を提供することによって、「専門性」が高まり、読者やGoogleによる「信頼性」の評価も向上するでしょう。

以下は、オリジナル情報の提供におけるポイントです:

  • 未公開の研究や独自の調査結果を発表することで、ユニークなコンテンツを生み出す。
  • 専門家のインタビューや意見を掲載し、その分野での洞察を深める。
  • 独自の分析や専門知識を活用し、一般的に知られている情報に新たな視点を加える。
  • インフォグラフィックやオリジナルの写真、ビデオといった視覚的コンテンツを積極的に取り入れる。
  • 読者の体験談やケーススタディを共有し、リアルな例を提供する。

このようにオリジナル情報を提供することで、WebページはGoogleにより価値ある情報源と認識されます。また、ユニークで信頼性の高いコンテンツは、社会的信用を築き、他の専門家やメディアによる引用の可能性を高めることにも繋がります。

最終的には、オリジナル情報の提供は単に検索エンジンのランキング向上だけでなく、ユーザーからの信頼獲得とブランド構築に貢献する重要な側面です。その結果、長期にわたってサイトの権威性を確立し、継続的なトラフィック増加を実現する可能性が高まります。

公的機関のデータを使用する

Googleが求めるEEAT基準の中で、特に信頼性を高めるために非常に有効な方法のひとつが、公的機関のデータを使用することです。なぜなら、政府機関や学術研究機関などから提供される情報は、誤りがなく、公平で信頼性が高いと評価されるためです。

公的機関のデータを利用するメリットは多岐に渡りますが、その中でも主なものを以下のように列挙できます:

  • 統計や調査結果は科学的根拠に基づいており、その正確さは一般の情報源と比べて高い評価を受けます。
  • 政策決定や国民への教育目的で作成されているため、一般に公開されておりアクセスが容易であることが多いです。
  • 情報の更新頻度が定期的であることも多く、最新のデータを提供することができる可能性が高まります。

ただし、公的機関のデータを使用する際には、それが最新かつ関連性のあるものであることを確認することが重要です。また、著作権や利用規約に配慮し、適切な引用と出典の明記を怠らないよう留意しましょう。公的機関のデータを適正に使用することで、ユーザーに対し、ウェブサイトが高い専門性を有していることを強調し、Googleによる高いEEAT評価に繋げることが期待できます。

この記事を書いた人

SEO対策などのWEBマーケティングの研究を日々行なっております。デジタルマーケティングのことが誰にでもわかりやすいように、定期的に情報を発信します。

Cominka Labo Teamをフォローする
SEO対策
記事を共有する
IRORI by Cominka