メタキーワードとは?効果やSEO対策の必要性を解説! SEO対策

メタキーワードとは?効果やSEO対策の必要性を解説!

メタキーワードとは?

メタキーワードとは、ウェブページのメタタグに設定される、そのページの内容を表すキーワードのことです。HTMLドキュメントのセクションにタグとして記述され、主にページのトピックや内容を反映した単語やフレーズが選ばれます。かつては、これらのキーワードが検索エンジンによってページの検索ランキングを決定する重要な要素の一つとされていましたが、現在では多くの検索エンジンがメタキーワードに基づくランキングへの影響力を大幅に削減または排除しています。にもかかわらず、正確にメタキーワードを設定することは、ウェブコンテンツの管理と整理に役立つため、依然としてウェブマスターやSEO担当者にとっては重要な手段の一つとされています。

メタキーワードの歴史的変遷

メタキーワードは1990年代初期、ウェブが初めて世に登場した頃にSEOの基本的要素として用いられていました。検索エンジンがサイトの主題や内容を理解する上で、メタキーワードは重要な手がかりとなっていたのです。しかし、2000年代に入ると、ウェブの利用者が増加し、メタキーワードの濫用が問題となりました。特に、関連性のないキーワードを盛り込むことでサイトのランキングを不当に上げる「キーワードスタッフィング」が横行し、検索エンジンの品質低下を招く事態に。これを受けて、Googleは2009年にメタキーワードタグがランキングに影響を与えないことを正式に発表しました。以降、メタキーワードのSEOにおける重要度は大きく減少し、現在ではその効果はほぼ無視されている状態ですが、コンテンツの整理や内部管理の観点で用いられることもあります。

メタキーワードの現在の役割

メタキーワードが検索エンジンランキングに与える直接的な影響はほとんどなくなりましたが、ウェブページの内容管理や内部向けの整理には有効です。例えば、大規模なサイトでは、関連ページをグループ化するためのタグとしてメタキーワードを利用することが可能です。また、特定のコンテンツ管理システム(CMS)内部でカテゴリ化や検索を容易にするための目印としても役立ちます。広告プラットフォームでもターゲティング指標として活用されることがあります。つまり、メタキーワードは今日においても、適切に使用すれば、SEO以外の目的には価値を持ち続けているのです。

Googleにおけるメタキーワードの取り扱い

Googleは2009年にメタキーワードタグが検索ランキングに直接的な影響を与えないと公式に発表しました。過去にはSEOのためにキーワードの詰め込みが行われたため、検索エンジンはこのメタデータをランキング要因から外す決定を下したのです。ですから、メタキーワードの存在自体は確認できますが、Googleにおける検索結果の順位を変える手段としては機能しないということを理解しておく必要があります。それでも、サイト内の管理や情報の整理の観点から、メタキーワードの設定が役立つ場合があるのです。

メタキーワードと検索結果の関係性

かつて、メタキーワードはウェブページの検索結果に大きな影響を及ぼしていました。これは、ページの内容を表すキーワードを指定することで、検索エンジンがそのページを理解し、関連する検索クエリに対してそのページを表示すべきかを判断していたからです。しかし、Googleは2009年にメタキーワードが検索ランキングに影響を与えないことを公式に発表しました。現在、メタキーワードは直接的に検索結果を改善するものではなくなり、SEO対策で重視されることはあまりありません。ただし、コンテンツのマネジメントや整理には役立つとされています。つまり、メタキーワードと検索結果の関係は、以前ほど密接ではなく、SEOにおけるその他の要因、例えばコンテンツの質やユーザーエクスペリエンス、バックリンクなどに比べれば、ごくわずかなものとなっています。

正しいメタキーワードの書き方

メタキーワードを正しく書くためには、数点のポイントを抑える必要があります。まず、メタキーワードはウェブページの内容を適切に反映させるキーワードを選ぶべきです。具体的には、

  • ページに直接関係するキーワードを5つ程度に絞り込む
  • 一般的すぎたり、特定すぎるキーワードは避ける
  • キーワード間はコンマで区切り、スペースは不要
  • ロングテールキーワードを含める場合は、調査を行い適切なものを選択する

といった手法が挙げられます。これらの基本的な書き方に則りながら、ページごとに最も効果的なキーワードを設定することが、メタキーワードを用いたSEO対策の第一歩です。

効果的なメタキーワードの選び方

効果的なメタキーワードを選ぶには、まずウェブページのコンテンツを正確に反映させる必要があります。この過程で、ターゲットとするキーワードを深く理解することが肝心です。それには、ページの主題やコンテンツに密接に関連する単語またはフレーズを選定しましょう。具体的な手法としては、以下の点に注意してキーワードを選びます:

  • ページコンテンツの中核をなすテーマに関連するキーワードをリストアップする。
  • キーワードは一般的すぎず、かつ特定のトピックにのみ当てはまりすぎないものを選ぶ。
  • 競合が多いキーワードは避け、 特定のニッチを狙った長めのキーワード(ロングテールキーワード)を含めることが望ましい。
  • ツールを活用して、検索ボリュームや関連性の高いキーワードを見つける。

これらのステップを通じ、ユーザーが検索する可能性の高いキーワードを見極めることが、効率的なメタキーワードの選び方と言えます。

メタキーワード設定のルールと推奨事項

メタキーワードを設定する際は、ウェブページの内容を正確に反映するキーワードを選ぶことが重要です。以下に主なルールと推奨事項を示します:

  • ページの主要なテーマに合致するキーワードを5~10個選択する。
  • 極端に一般的なキーワードは避け、ページ独自の特徴を示すキーワードを含める。
  • キーワード間はカンマで区切り、空白スペースを適切に使用する。
  • 同義語や関連語句も検討し、検索意図を幅広くカバーできるようにする。
  • キーワードの順番も重視し、より重要なキーワードを前に置く。

これらのルールを守りながら、ユーザーの検索行動や競合他社のキーワード戦略も分析することで、効果的なメタキーワードを定めることができます。

メタキーワードとは?効果やSEO対策の必要性を解説!

SEO対策としてのメタキーワード

SEO対策においてメタキーワードを取り入れることで、サイトのテーマやコンテンツ構築を整理し、管理の効率化を図ることができます。具体的には、サイト内の関連コンテンツ同士を繋ぐことにより、ユーザーのサイト内での滞在時間を向上させる効果があります。また、内部リンクを強化する一助となり、ウェブサイト全体の相互関連性を高める効果が期待できます。ただし、Googleをはじめとする主要な検索エンジンはメタキーワードをランキングの指標としては使用していないため、それらを過剰に意識することなく、ユーザー体験の向上に繋がるような使用法を選ぶべきです。このようにして、メタキーワードを適切に使用することは、ユーザーや検索エンジンに対して、より豊かな情報体験を提供するための基盤作りとなり得るのです。

メタキーワードがSEO対策に与える影響

現代のSEO対策におけるメタキーワードの価値は、かつてほど直接的なものではありません。大手検索エンジンGoogleは、ランキング要因としてメタキーワードを考慮しないことを公式に明言しています。しかし、メタキーワードが完全に無価値であるわけではありません。正確かつ適切なメタキーワードの利用は、ウェブページの主題を明確にすることでコンテンツの整理に役立ち、最終的にはユーザーエクスペリエンスの向上に寄与する可能性があります。また、他の検索エンジンや特定のディレクトリ型サイトでは未だにメタキーワードを評価の手がかりとして利用する場合もあり、その場合にはそれらのプラットフォームでの検索結果にポジティブに作用することが期待されます。SEO対策全体の一環として、メタキーワードはその他の要素と組み合わせてウェブサイトの明確性と関連性を高める方法として考慮されるべきです。

メタキーワードを含むSEO対策の具体例

メタキーワードをSEO対策に活用する場合、まずサイトの内容に最も適切なキーワードを厳選することが重要です。例えば、料理ブログであれば「簡単レシピ」「時短料理」「健康食品」など、コンテンツの主旨を的確に反映したメタキーワードを設定します。これらをメタタグ内に記載し、検索エンジンがサイトのカテゴリーを識別しやすくします。また、類似サイトの分析を行い、競合ではないが共通するトピックを取り扱うサイトのメタキーワードを参考にするのも有効な手法です。検索ユーザーが求めている情報にマッチするメタキーワードを選ぶことで、サイトの検索順位向上につながる可能性があります。

メタキーワード設定しない方が良いケース

メタキーワードは一時期、SEO対策の重要な要素とされましたが、現在ではその重要性は大きく低下しています。特にGoogleでは、メタキーワードは検索アルゴリズムにおいて無視されるようになっており、設定しない方が良いケースが増えています。これは、過去にキーワードの詰め込みや不適切なキーワードによる検索ランキングの操作が行われたため、検索エンジンによるペナルティのリスクが発生することを避けるためです。また、メタキーワードに依存したSEOはユーザーの体験を軽視することになり、サイトの質を低下させる可能性があるため注意が必要です。現在では、コンテンツのクオリティを高めることに注力し、自然な流れでキーワードが含まれるような戦略が推奨されています。

メタキーワードを設定することのデメリット

かつてはSEO対策として重用されていたメタキーワードですが、現在ではその重要性は大きく減少しています。多くの検索エンジンはメタキーワードをランキング要因として考慮しなくなったため、これを設定すること自体が時として逆効果となることがあります。特に、関連性のないキーワードを無差別に挿入することはスパムと見なされることがあり、ウェブサイトの信頼性を損ないかねません。さらに、競合他社にキーワード戦略を明かしてしまうリスクもあるため、慎重な検討が求められます。重要なのは、ユーザーの検索意図に合致した高品質なコンテンツを提供することであり、そのプロセスにおいてメタキーワードの役割は限定的と言えるでしょう。

メタキーワードを使わないSEO対策の方法

メタキーワードの使用を避けるSEO対策として、コンテンツの質の高さが最も重要です。充実した情報とユーザーの検索意図に合わせた内容を作成することで、検索エンジンに評価されやすくなります。具体的には、潜在的なキーワードを自然に本文中に織り交ぜ、リンクを的確に使用し、論理的な構成を心がけることが肝要です。また、ユーザーエクスペリエンスの向上にも着目し、サイトのロード速度の最適化やモバイルフレンドリーなデザインを採用することも重要です。これらの施策により、メタキーワードに依存しない堅実なSEO対策を実現できます。

まとめ

この記事では、メタキーワードの基本とSEO対策としての位置づけに焦点を当てました。メタキーワードの定義から歴史的変遷、Googleの現在の取り扱いに至るまでの変化を詳しく解説しています。また、効果的なメタキーワードの選び方から、設定する際のルールと推奨事項までが網羅されています。SEO対策としてのメタキーワードの取り扱いとその具体的な影響についても見解を示しました。さらに、メタキーワードを設定しないほうが良いケースと、それに代わるSEO対策の方法も触れています。

この記事を書いた人

SEO対策などのWEBマーケティングの研究を日々行なっております。デジタルマーケティングのことが誰にでもわかりやすいように、定期的に情報を発信します。

Cominka Labo Teamをフォローする
SEO対策
記事を共有する
IRORI by Cominka