canonicalタグの意味や設定方法、SEO評価への影響を徹底解説! SEO対策

canonicalタグの意味や設定方法、SEO評価への影響を徹底解説!

canonicalタグとは

ウェブサイトの運営にとって重要な役割を果たすcanonicalタグ(カノニカルタグ)は、類似または重複するコンテンツが存在する際に、どのページがオリジナルであるかを検索エンジンに示すために利用されます。このタグは、ウェブページのセクション内に記載され、<link rel="canonical" href="オリジナルページのURL">の形で使用されるHTML要素です。検索エンジンはこの情報を元に、重複コンテンツによるSEO評価の分散を防ぎ、正しいページに対する評価を集中させることができます。

たとえば、プリント用のページやモバイル用のページ、セッションIDがURLに付加されることで内容は同一ながら異なるURLが生成されてしまうケースなどでは、canonicalタグの設定によって「このURLこそが本来のコンテンツである」と検索エンジンに指示することが可能です。それにより、検索結果の質を保ちながらユーザーにとっても、ウェブマスターにとっても最適な結果を導くことに繋がるのです。canonicalタグの正しい理解と適切な利用は、サイト全体のSEOにおいて欠かせない要素と言えるでしょう。

canonicalタグのSEO評価への影響

canonicalタグはSEOにおいて非常に大きな意味を持った要素です。正しく使用された場合、検索エンジンは重複したコンテンツを持つURL群の中から「代表URL」を認識し、そのURLに対して権威を集中させることができます。これにより、ページランクやリンクの価値の分散が抑えられ、1つのURLにSEO効果が集約されるのです。

特に、eコマースサイトや大規模なポータルサイトのように、パラメータによってコンテンツが多少異なる多数のURLが生成される場合、canonicalタグの効果は顕著に現れます。こういったURLの微差が検索結果に複数表示されると、ユーザーにとって混乱を招くだけでなく、検索エンジンはどのページを優先して表示するべきかを判断しにくくなります。canonicalタグを適切に設定することで、ユーザーにとって最も関連性の高いページを推奨し、それがSEOの評価を向上させることに繋がるのです。

しかしながら、canonicalタグを適用する際には注意が必要です。もし誤って異なるコンテンツ間でcanonicalタグを設定してしまうと、検索エンジンは意図しないページを代表URLとして扱い、SEOパフォーマンスが大きく損なわれる可能性もあります。各ページの内容が本当に似通っているか精査した上で、正確にタグを設定することが重要です。

結論として、canonicalタグはコンテンツの重複問題を解決し、SEO評価を最適化する上で極めて有効なツールですが、その設定は慎重に行うべきです。正確な使用により検索エンジンのクローラーがコンテンツを適切に理解し、その結果、サイト全体の信頼性と可視性が向上することに繋がります。

canonicalタグの設定方法

canonicalタグを設定するには、主にHTMLコード内や、ウェブサーバーの設定を利用する2つの方法があります。このタグは、要素内に追加する事で、検索エンジンに対して正規ページを指定し、SEOの評価を向上させることが可能です。以下に、具体的な設定手順を解説します。

HTML内での設定方法

最も一般的なcanonicalタグの設定方法は、HTML内に直接追加することです。これを行うには:

  • 正規としたいページのURLを決定します。
  • 該当ページのHTMLコードで、セクションを見つけてください。
  • 次のような形式でコードを追加します。<link rel="canonical" href="正規ページのURL" />

たとえば、http://example.com/page.htmlを正規ページと指定したい場合、コードは以下のようになります。

<head>
  ...
  <link rel="canonical" href="http://example.com/page.html" />
  ...
</head>

この操作によって、同じもしくは似ているコンテンツを含む複数のページがあっても、検索エンジンは指定された正規のURLのページを優先して評価します。

HTTPヘッダーでの設定方法

WEBサーバーにアクセスできる場合、HTTPヘッダーを介してcanonicalを設定することも可能です。この方法は主に、HTMLを編集できないPDFや画像ファイルなどに適しています。設定方法は以下の通りです。

  • ウェブサーバーの設定ファイル(Apacheでは.htaccessなど)を開きます。
  • リンクを追加するファイルタイプに対して、以下のような設定を追加します。Link: <http://example.com/page.html>; rel="canonical"

この設定を行うことで、サーバーが特定のタイプのファイルを提供する際、そのHTTPレスポンスにcanonicalタグが含まれるようになり、検索エンジンはこれを正規のURLの指定と認識します。

以上の方法によって、効率的かつ正確にcanonicalタグを設定することができ、ウェブサイト全体の信頼性や可視性の向上に寄与します。設定は緻密に行い、正規ページの選定やタグの記述ミスがないように、細心の注意を払うことが重要です。

HTML内での設定方法

canonicalタグをHTML文書内で設定するためには、headタグ内にlink要素を追加し、rel属性に"canonical"と指定します。具体的なコードの書き方は以下の通りです:

  1. まず、<head>タグ内の適切な場所に、<link>要素を挿入します。
  2. rel="canonical" 属性を付与して、これがcanonicalタグであることを明示します。
  3. href属性には、正規ページ(オリジナルのコンテンツが存在するURL)を指定します。

ここに具体的なコードの例を挙げます:

<head>
    ...
    <link rel="canonical" href="https://www.example.com/original-page.html" />
    ...
</head>

このコードにより、検索エンジンは指摘されたページが他の似たような内容のページより優先されるべきオリジナルであると理解します。また、相対URLではなく絶対URLを使用することが一般的です。これにより、どのようなドメインにおいても、一貫性のあるURLを指定でき、混乱を避けられます。

重複コンテンツが存在する全てのページに同様の方法でcanonicalタグを設定することが重要です。これにより、SEOパフォーマンスに影響を与えるコンテンツの重複問題を解決し、ウェブサイトの信頼性と可視性を向上させることができます。

HTTPヘッダーでの設定方法

canonicalタグをHTTPヘッダー経由で設定する方法は、HTMLを編集せず、サーバー側から指定する手法です。この方法は、特にCMSやプラットフォームを使用している際に役立ちます。具体的な設定手順は以下の通りです。

  • ウェブサーバの設定ファイルにアクセスします(Apacheなら.htaccess、Nginxではnginx.confが該当します)。
  • 特定のURLパターンに一致するリクエストを捉えるための条件を定義します。
  • 設定した条件に基づき、リクエストに応じて「Link」のHTTPヘッダーを追加します。
  • この「Link」ヘッダーには、rel="canonical" 属性と、実際に表示したい正規のURL(href)を記述します。
  • 例:Link: <http://example.com/page.html>; rel="canonical"

この設定により、ウェブクローラーはHTTPヘッダーからcanonical情報を読み取り、指定された正規のURLを評価の基準として認識します。HTMLマークアップに変更を加えることなく、SEO上の問題を解決したいときに有効な方法です。しかし、サーバーの設定変更は専門知識が必要であり、誤った設定はサイトの可用性に影響を及ぼす可能性があるため、注意が必要です。

canonicalタグの使うべきケース

canonicalタグはウェブサイト運営において、様々な状況で重要な役割を果たします。特に次のようなケースでは、適切にcanonicalタグを使用することが推奨されます。

  • 商品ページのバリエーション:色やサイズなど、微妙に異なる商品バリエーションが個別のURLで存在するとき、主要となる商品ページを指定するためにcanonicalタグを用います。
  • プリント用ページ:本来のコンテンツと同じ内容をプリントフレンドリーな形式で提供している場合、canonicalタグでオリジナルのURLを指定します。
  • セッションIDを含むURL:ユーザーごとのセッションIDがURLに含まれることでページ内容が重複するとき、canonicalタグで一般的なURLを指定することで重複を防ぎます。
  • パラメータ付きURL:追跡パラメータやフィルターなどのページの内容に影響を与えないパラメータがURLに含まれる場合、canonicalタグを用いて標準のURLを指定します。
  • HTTPとHTTPS:ウェブサイトがHTTPバージョンとHTTPSバージョンの両方を持つ場合、関連するcanonicalタグを用いてどちらか一方を検索エンジンに優先して評価させる必要があります。
  • モバイルサイトとデスクトップサイト:異なるURLで提供されているモバイル版とデスクトップ版のコンテンツについても、各ページに適切なcanonicalタグの設定が求められます。

上記のケースでは、正しいcanonicalタグの使用がSEOに大きく寄与し、コンテンツのオーソリティ(権威)と索引の正確性を向上させることにつながります。その結果、検索結果におけるウェブサイトの視認性と信頼性が高まり、最終的にはトラフィック増加に貢献することになるのです。

重複ページの解決

多くのウェブサイトでは、CMSの自動生成機能やパラメータの違いで、内容が酷似または完全に一致するページが複数存在することがあります。こうした重複コンテンツは、サイトのSEO評価を下げる可能性があるため注意が必要です。それを解決する一つの有効な手段が、canonicalタグを利用することです。

canonicalタグを使うと、検索エンジンに対して「このページがオリジナルである」と伝えることができ、重複コンテンツからオリジナルコンテンツへのリンクジュース(ページの信頼性や価値を示す指標)の集中を図ることができます。例えば、商品ページがカラーやサイズによって複数のURLで展開されている場合でも、主要なページにcanonicalタグを設定することで、そのページを優先的に認識させることができます。

また、セッションIDやトラッキングパラメータを持つURLが生成された場合も、canonicalタグの活用が有効です。これらのパラメータによってURLが変動しても、基本となるページのURLをcanonicalタグで指定することで、ページランクの分散を防ぐことができます。このように、canonicalタグの正しい設定により、重複ページ問題を効果的に解決し、サイト全体のSEO効果を向上させることが可能です。

自動生成ページの指定先URL

ウェブサイトにおいて、商品ページやニュース記事などでパラメータを用いて自動的に生成されるページは、その性質上、ほぼ同一のコンテンツを有しながらURLが多岐に渡る場合があります。例えば、セッションIDやトラッキングパラメータ、表示オプションを伴うURLは、これに該当します。canonicalタグを利用することで、これら自動生成されたページ群の中から「指定先URL(正規のURL)」を明示し、検索エンジンに対して正規品として評価させるべきページを指導することができます。

このプロセスは、サイトのクロール効率を高め、検索エンジンのリソースを無駄に使わせないようにする効果もあります。加えて、コンテンツの正規性を高めることで、同じコンテンツを持つページ間での競争を避け、SEO評価の向上につながります。しかし、正規のページを適切に指定することが重要であり、誤ったURLをcanonicalタグで指し示すことはSEOに悪影響を及ぼす可能性があるため注意が必要です。

最終的に、正確なcanonicalタグの使用はウェブサイトの整合性を保ち、ユーザーにとっても検索エンジンにとっても有益な情報を提供する鍵となるでしょう。

canonicalタグの注意点

canonicalタグを利用する際には、その強力な指示機能が逆にSEOに悪影響を及ぼさないよう注意が必要です。以下はその注意点について具体的なガイドラインを示しています。

  • 正確なURLの指定:canonicalタグで指定するURLは、存在し、アクセス可能なページである必要があります。間違ったURLを指定すると、正しいページが検索結果に表示されなくなる恐れがあります。
  • 相対URLを避ける:絶対URLを使用することで、誤解を招くことなく明確にオリジナルページを指し示すことができます。相対URLでは意図していないページへのcanonical指定になってしまう可能性があります。
  • ページ間のコンテンツの一致:canonicalタグを使って別のページを指定する場合、ターゲットページとコンテンツが類似していることが重要です。全く異なるコンテンツのページを指定すると、ユーザーと検索エンジンの両方に混乱を招きます。
  • クロール可能を確認:指定したcanonicalページは、検索エンジンがクロール可能であることを確認してください。robots.txtでブロックされていたり、noindexタグが付いているなど、クロール不可能なページを指定してはいけません。
  • ページが自動生成された場合:パラメーターが付与されたURLなど、システムによって自動的に生成されるページの場合、意図したオリジナルのURLをcanonicalタグに設定することが肝要です。
  • 複数のcanonicalタグの使用:一つのページに複数のcanonicalタグを設置するべきではありません。これは検索エンジンの混乱を招き、効果が薄れる可能性があります。

加えて、canonicalタグは301リダイレクトとは異なります。301リダイレクトは永続的なURLの移動を示し、ユーザーと検索エンジンを新しいページへと自動的に誘導します。一方でcanonicalタグは、あくまでも検索結果に影響を与えるものであり、ユーザーのブラウザ上でのリダイレクトを引き起こすものではありません。この違いを理解し、状況に応じて適切な方法を選択することが重要です。

正しく実装されると、canonicalタグは重複コンテンツの問題を解決し、ウェブサイトのSEO評価を維持する有効な手段です。情報の設定に慎重さと正確性をもってアプローチすることで、ウェブサイトの信頼性と見える化を高めることができます。

検索エンジン最適化への影響

canonicalタグを適切に使用することは、検索エンジン最適化(SEO)において極めて重要です。このタグは複数のURLに似た内容が存在する際に、どのページが元のページ(メインとなるページ)であるかを検索エンジンに知らせる役割を担っています。検索エンジンはこの情報を元に、重複するコンテンツのある異なるページを区別し、SEO評価を1つのURLに集中させます。

正しく設定されていない場合、検索結果におけるページのランキングが分散してしまい、それぞれのページが適切な評価を受けるチャンスを失ってしまう恐れがあります。例えば、同じ内容のページが複数存在すると、検索エンジンはそれらを個別のページとして認識し、それぞれに対してランキングポイントを割り当てます。これにより、本来集中すべきセオリーが分散し、SEO評価に不利な影響を与えることになります。

さらに、canonicalタグは検索エンジンに対し、ユーザーが最も適切な情報を提供するページを明確に示す手段となります。これにより、サイト内でのユーザーエクスペリエンスの向上にも役立ち、結果としてサイトの信頼性や検索結果における可視性が向上することが期待されます。

こうした理由から、canonicalタグはSEO戦略において無視できない要素の一つと言えるでしょう。そのため、正確な設定が行われることで、ウェブサイト全体のSEOパフォーマンスを最適化し、最終的な検索ランキングを向上させるための重要なステップとなります。

301リダイレクトとの違い

canonicalタグと301リダイレクトはどちらも重複コンテンツの問題を解決するために使用されるWeb技術ですが、その用途と機能には重要な違いがあります。301リダイレクトは、あるURLから別のURLへ永続的に移動させる際に用いられるHTTPステータスコードです。これは主に旧URLがもはや有効でないとき、あるいはサイト構造の変更に伴いURLが変更されたときに使用されます。

一方で、canonicalタグは、類似または同一のコンテンツが複数のURLに存在する場合に、その中の「主要な」または「元の」ページを検索エンジンに示す役割を果たします。使用する内容と目的が異なるため、適用するシチュエーションも変わってきます。canonicalタグは、ユーザーにリダイレクトを実行することなく、検索エンジンのクロールを適切なURLに導きます。これにより、ページランクやリンクジュースの分散を防止しつつ、SEO評価において欠かせない一貫性のあるURL管理を助けることが可能となります。

また、301リダイレクトはサーバー上でのリダイレクト処理を行うため、ユーザーは新しいURLに実際にアクセスします。しかしcanonicalタグは、ページのHTML内またはHTTPヘッダー上に設定され、ブラウザに対しては見えない形で検索エンジンのみに指示を出すため、ユーザー体験には直接的な影響を及ぼしません。結果として、301リダイレクトがサイトの移行や構造の変更に合わせた恒久的解決を意図するのに対し、canonicalタグはより柔軟なコンテンツ管理とSEO最適化のための対策と言えます。

最適な検索エンジン評価を得るためには、これらの違いを理解し、目的に応じて適切に301リダイレクトまたはcanonicalタグを活用することが重要です。ユーザーが直面する問題やサイト管理者の意図に基づき、これらのツールを適切に駆使することで、検索結果におけるパフォーマンスを最大化することが可能となります。

まとめ

この記事では、canonicalタグの基本的な意味、SEO評価における重要性、及び具体的な設定方法について詳解しています。適切な設定を行うことで重複コンテンツの問題を解決し、検索エンジンに正しいページを認識させることができるため、SEO対策の中心的役割を担っていることがお分かりいただけるでしょう。読者の皆様には、自身のウェブサイトにcanonicalタグを正確に実装することをお勧めし、今後のデジタルマーケティング戦略においてこの知識を活かしていただければと思います。

この記事を書いた人

SEO対策などのWEBマーケティングの研究を日々行なっております。デジタルマーケティングのことが誰にでもわかりやすいように、定期的に情報を発信します。

Cominka Labo Teamをフォローする
SEO対策
記事を共有する
IRORI by Cominka