サブドメインとサブディレクトリの違いと使い分け方を解説!SEOへの影響も徹底解析 SEO対策

サブドメインとサブディレクトリの違いと使い分け方を解説!SEOへの影響も徹底解析

サブドメインとサブディレクトリの違い

サブドメインとサブディレクトリはウェブサイトの構造を整理する方法として使用されますが、両者は根本的に異なる機能と位置づけを持ちます。

まず、サブドメインは主要ドメインの直下に位置づけられたセカンダリドメインであり、「sub.example.com」のように「sub」がサブドメインとなります。サブドメインを利用することで、主要ドメインとは完全に分離されたウェブサイトを作ることが可能です。例えば、企業がサービスや製品の種類に応じて異なるテーマを持つサイトを展開したい場合、各サービスごとにサブドメインを設定することで、独立性を持たせることができます。

一方で、サブディレクトリは主要ドメインのある特定のパスに作られるディレクトリです。URL「example.com/sub」において「sub」がサブディレクトリを形成します。この方式を採用すると、主要ドメインの下に内容の階層を持つサイトを作成することができます。これにより、主要ドメインとの関連性を強く保ちつつも、サイト内のコンテンツを組織的に展開することが可能となります。

つまり、サブドメインは新たなウェブサイトを作り出すための手法であり、主要ドメインからの独立性を持ちます。対してサブディレクトリは、既存のウェブサイト内での新しいセクションやカテゴリを作り出すために用いられ、主要ドメインへの依存度が高いという違いがあります。

サブドメインとは何か

サブドメインとは、あるウェブサイトの主要なドメインに属していながら、主要なドメインから一定の独立性を持った二次的なドメインを指します。一般的に、サブドメインは「subdomain.example.com」のように、主要ドメインの前に追加される形で構成されます。これは、ある特定のトピックや機能が主要ドメインから独立して運営されるべきである場合に有効です。

例えば、企業がメインのサービスとは別にブログやヘルプセンター、特定のイベントの情報サイトなどを設けたい時にサブドメインが使用されることがよくあります。この際、サブドメインに設定されたウェブサイトは、主ドメインとは別のエンティティとして扱われ、しばしば異なるIPアドレスに紐付けられたり、独自のデザインやナビゲーション構造を持つことが可能です。

サブドメインの使用は、サイトの管理上の都合やユーザーの利便性に応じて、必要な場合に適宜選択されます。主要ドメインとの関連性は保ちつつも、目的に特化した内容の配信や、特定の市場や地域向けのページとして機能するサブサイトを構築する際に特に効果を発揮します。

サブディレクトリとは何か

サブディレクトリとは、ウェブサイトのドメインに続くパスの一部として設定されるディレクトリーのことです。例えば、あるウェブサイトのURLが「https://example.com」だった時、「/blog」や「/products」のように、ドメインに直接つながる形で追加される階層化されたフォルダーを指します。これにより、「https://example.com/blog」や「https://example.com/products」といったサブディレクトリに紐付けたURLでコンテンツを公開することが可能です。

サブディレクトリは、ウェブサイト内での情報の整理や、ユーザーにとってわかりやすいサイト構造を構築する際に非常に役立ちます。また、サブディレクトリを使用することで、メインのドメインの権威を分割せずに、サイトエクスペリエンスを統一することができます。それにより、SEOの効果をメインドメインと共有する点でもメリットがあります。

組織や企業が自分たちのサービスや製品を分類しやすくするための方法として使われることが一般的であり、コンテンツの主題が同一ドメインだけに関連している場合に選ばれることが多くなっています。例として、企業ウェブサイトにおける採用情報ページ (「/careers」)、製品情報ページ (「/products」)、ブログセクション (「/blog」) などがサブディレクトリを用いる典型的な例です。

サブドメインとサブディレクトリの使い分け

ウェブサイトの構造設計において、サブドメインとサブディレクトリを使い分けることは重要な意味を持ちます。どちらを選択するかは、ウェブサイトの目的、管理の容易さ、SEO戦略により異なります。サブドメインは、独立したサイトとして運営を行いたい場合や、特定のキーワードで強い印象を与えたいブランディング戦略に有利な選択肢です。一方、サブディレクトリは、既存のサイト内でコンテンツを組織的に展開したい場合や、メインドメインの権威を利用してコンテンツを強化したいときに適しています。

サブドメインは、例えば支店や特定のサービス用に「branch.example.com」のように分けたい場合に役立ちます。こうすることで、各サブドメインで独自のテーマやコンテンツを持つことができ、ユーザに特定の分野での専門性をアピールできます。しかし、これは同時にサイト全体のリンクジュースを分散させる可能性もあるため、SEO戦略においては慎重な検討が必要です。

一方でサブディレクトリは、メインドメインに「example.com/service」のように追加し、全てのコンテンツを一つのドメイン下に統合する方法です。これは管理とメンテナンスをシンプルにし、ドメインの権威をサブディレクトリにも受け継がせる効果があると同時に、ユーザにウェブサイト全体のコンテンツが互いに関連していることを知らせるのに役立ちます。SEOの観点からは、リンクジュースがドメイン全体で共有されるため、ページランクを高めるのに寄与します。

結論として、サブドメインを選ぶかサブディレクトリを選ぶかは、企業戦略や求める結果に応じて異なります。サブドメインは特定の分野で強い独立性を希望する場合に適しており、サブディレクトリはメインドメインの権威を活用しつつコンテンツを組織的に管理したい場合に理想的です。どちらを選ぶにしても、目的に合わせた使い分けがウェブサイトの成功に繋がる鍵となるでしょう。

サブドメインのメリット

サブドメインを使用する最大のメリットは、主要なドメインから独立したブランディングと構造化が可能である点です。特定の製品やサービス、あるいはプロモーションキャンペーンを明確に区別し、それぞれに特化したコンテンツを展開できます。例えば、「sale.example.com」や「support.example.com」のように分けることで、ユーザーにとって直感的且つ覚えやすいURLを提供できると同時に、特定の領域に焦点を当てたマーケティング施策を展開しやすくなります。

また、サブドメインは、それぞれが独自の権威を持つため、SEOの観点から複数の関連ウェブサイトを運営する場合に、主要ドメインと異なるキーワードやニッチな分野に特化した最適化を行う際に有利です。Googleなどの検索エンジンは、サブドメインを個別のエンティティとみなすため、主要なウェブサイトに影響を与えることなく、特定のサブドメイン内でのSEO戦略を展開することが可能です。

その他にも、サブドメインはサーバーの設定を独自に管理できる点もメリットです。サブディレクトリがメインのウェブサイトと共有するサーバー設定に依存しているのに対し、サブドメインは異なるサーバーやホスティングサービスに振り分けることができるため、サイトの安全性やパフォーマンス、管理の観点から拡張性が高いです。これにより、ウェブサイトの成長や変化に柔軟に対応できる体制を構築することが可能になります。

また、サブドメインは開発の実験場としても有効であり、新しいデザインや機能をテストする際に、本番環境への影響を最小限に抑えつつ様々な試みを行うことができます。これにより、イノベーションを促進し、最終的なユーザー体験を向上させることが可能です。

これらのメリットを活かし、ウェブサイトの目的やブランド戦略に合わせた柔軟なウェブ構成を実現することが、サブドメインを使用する大きな利点といえるでしょう。

サブディレクトリのメリット

ウェブサイトを構成する際、サブディレクトリを用いることには数々のメリットがあります。まず、サブディレクトリはメインドメインの直下に配置されるため、メインドメインの信頼性や権威がサブディレクトリ内のコンテンツにも波及しやすいです。これはSEOの観点から見ても大きな利点と言えるでしょう。

  • 統一されたブランディング:サブディレクトリはメインドメインに強く結びついているため、訪問者にとって認識しやすく、ブランドの一貫性を保つ上で有効です。
  • コンテンツ管理のしやすさ:全てのコンテンツが一つのドメイン内に組織されるため、管理が容易になります。技術的な変更や更新が必要な場合にも、サブディレクトリ構造は対応しやすいです。
  • リンクジュースの効果:内部リンク構造が整理されており、リンクジュース(ページの価値を示す指標)がサブディレクトリ間で共有されるため、全体のウェブサイトのランク向上に貢献します。
  • 運用コストの削減:サブドメインと比較して、サブディレクトリは一般的に設定が容易で、追加のコストがかからないため、費用効率が良いです。

また、サブディレクトリの利用はユーザーにとってもメリットがあります。URLの構造が理解しやすく、サイト内でのナビゲーションが滑らかになるため、ユーザーエクスペリエンスの向上に寄与します。さらに、メインドメインに準じたセキュリティが施されるため、安全性の面でも個別のサブドメインを設けるよりも手堅いといえるでしょう。

これらのメリットを鑑みた上で、サブディレクトリは特にコンテンツがメインドメインの主題に関連性が高い場合や、ウェブサイトが単一の明確なテーマに基づいている場合に適しています。例えば、企業サイト内でのブログや、商品カテゴリページなどは、サブディレクトリを通して効果的に管理されることが多いです。

サブドメインのデメリット

サブドメインを利用する場合には、いくつかのデメリットも考慮する必要があります。この戦略が正しく利用されない場合、企業のオンラインプレゼンスとSEOに悪影響を及ぼす可能性があります。以下、サブドメインの利用に伴う主なデメリットについて詳しく説明します。

  • ドメインの権威の分散:各サブドメインは、検索エンジンによって別のサイトとして認識されることが多いため、メインドメインの権威やリンクジュースを集中させることが難しくなります。これは、SEOにおけるランキング向上に影響を及ぼす可能性があります。
  • ユーザーの混乱:サブドメインはメインのドメインとは独立して見えるため、ブランディングの観点から、ユーザーが異なるサブドメイン間でブランドの一貫性を見失うことがあります。
  • リソースの割き方:サブドメインごとに異なる管理やコンテンツの作成が必要になるため、労力や時間、資源の分散が求められます。それぞれのサブドメインを最適化し、維持するためには、追加の労力が必要です。
  • クロスドメインのリンク構築:複数のサブドメイン間でリンク構築を行う場合、これが「自己中心的なリンク」や「内部リンク」として評価されないという保証がありません。それにより、リンクの価値が低下するかもしれません。

これらのデメリットはサブドメインの利用を避ける理由となり得ますが、各ケースにおいて慎重な分析と計画が行われれば、これらのリスクを最小限に抑えつつ、サブドメインを効果的に利用することが可能です。

サブディレクトリのデメリット

サブディレクトリを利用する上でのデメリットは、その構造上生まれる幾つかの制約が挙げられます。まず一点目として、サブディレクトリはメインドメインの権威を分け合う形となるため、広範なトピックや異なるブランドを持つサイトの場合、それぞれが十分な認知を得ることに課題が生じることがあります。次に、サブディレクトリ内のコンテンツはメインサイトに直接影響を与えるため、サイトの品質を一貫させる必要があり、管理が煩雑になる可能性があります。

加えて、サーバに負担がかかることなく独立した管理を希望している場合、サブディレクトリよりもサブドメインの方が適しています。これは、サブディレクトリは主サーバの資源を使用するため、サイトの拡張性と性能に制限が出ることを意味しています。さらに、ユーザーがメニューやナビゲーションを通じて情報を探索する際、深く階層化されたサブディレクトリは、パスが長く複雑になることで、ユーザビリティの低下を招く恐れがあります。

SEOの観点からも、サブディレクトリの利用は戦略によってはデメリットとなることがあります。一つのドメイン下に多岐に渡るコンテンツを集約することで、特定のキーワードに対する重点的な最適化が難しくなり、結果として検索順位に影響を与える可能性があります。また、国際的なウェブサイトの場合、地域ごとに異なるコンテンツをサブディレクトリで管理すると、国や言語ごとのSEO対策が複雑化し、効果を最大化するのが難しくなるケースもあります。

これらのデメリットを総合的に考慮すると、サブディレクトリはウェブサイトのニーズや目的によっては、最適な選択肢とはならないことがあります。細部にわたる管理や品質維持が必要となるため、効率的な運営を求める場合は他の方法を検討する必要があるでしょう。

サブドメインとサブディレクトリのSEOへの影響

ウェブサイトの構造を計画する際に重要な要素の一つが、サブドメインサブディレクトリの使用方法です。これらの違いは単なるURL構造以上のものを意味し、検索エンジン最適化(SEO)への影響も考慮する必要があります。

サブドメインを使用した場合、検索エンジンはこれをメインドメインとは独立した別のエンティティとして認識することが一般的です。これにより、サブドメインの各々が個別の評価を受ける結果になりがちで、それぞれに独自のトラフィックを構築できるメリットがあります。しかし、同時にメインドメインからの評価の継承が難しくなるため、個々にSEO努力をする必要が出てきます。

一方で、サブディレクトリを利用する場合は、メインドメインの権威を継承しやすいという大きな利点があります。つまり、メインドメインが持つ信頼性やリンクジュースがサブディレクトリにも渡り、メインドメインとサブディレクトリが共同してトラフィックを高めることができます。そのため、サブディレクトリはメインドメインのドメインオーソリティを強化するのに役立ちます。

SEOの観点から見ると、サブドメインは新たなトピックやブランドを立ち上げたい際に有利であり、サブディレクトリは既存のメインドメインのドメインオーソリティを活用して内容を拡大したい時に適しています。しかし、実際のSEOへの影響は検索エンジンのアルゴリズムの変更やその他の要因によっても左右されるため、定期的な分析と調整が必須です。

グーグルなどの検索エンジンはユーザーに最も関連性の高いコンテンツを提供することを目標にしているため、サブドメインとサブディレクトリそれぞれのコンテンツの質とユーザーエクスペリエンスが高ければ、その影響は最小限に抑えられることが多いです。結局のところ、これらの構造的選択がSEOに与える影響は、実装方法とコンテンツの質に大きく依存します。

サブドメインとサブディレクトリのSEO評価

サブドメインとサブディレクトリは、ウェブサイト上の情報構造を整理する際の選択肢ですが、SEOにおいては両者に評価の差があります。サブドメインは、主ドメインから独立した個別のウェブサイトとして扱われることが多いため、メインドメインのSEOパフォーマンスへの直接的な影響が少ないと考えられます。その点で、ブランドやサービスが多岐に渡る大企業の場合、異なるターゲットに合わせた専用のサブドメインを持つことで、各サブドメインがその分野での専門性を強調し、SEO上の利点を享受することが期待できます。

一方で、サブディレクトリはメインドメインの権威を活用したコンテンツ展開が可能です。その結果、既に構築されているメインドメインの信頼性とパフォーマンスを利用して、サブディレクトリに配置したコンテンツが検索エンジンの評価を受けやすくなる可能性があります。これにより、コンテンツの質とともに、ドメイン全体としてのSEO効果を高めることが期待されます。

しかし、検索エンジンは常にアルゴリズムを更新しており、その評価基準は変動するため、一概にどちらがSEOにとって優れているとは言えません。サブドメインとサブディレクトリの使用はケースバイケースで有効性を見極める必要があり、ウェブサイトの目的、コンテンツ管理のしやすさ、リンク構築の戦略など多方面からの検討が不可欠です。そのため、SEO評価の観点から最善の選択をするには、検索エンジンの最新のトレンドを理解し、ウェブサイトに緻密な戦略を立てることが求められます。

サブドメインとサブディレクトリで作成されたページのSEO効果

サブドメインとサブディレクトリは、検索エンジン最適化(SEO)の文脈で異なる影響を与えることがあります。サブドメインはしばしば別のエンティティとして認識されるため、メインドメインからのドメイン権威が直接受け継がれるわけではないことが一般的です。ですが、独立した扱いのために特定のキーワードやニッチなトピックに特化したウェブサイトを運営する際には、そのサブドメイン全体におけるSEOの最適化が可能となります。

一方、サブディレクトリを利用する場合、それはメインドメインの一部と見なされるため、メインドメインの既存のドメイン権威を利用してランキング向上を図ることができます。内部リンクによるSEO効果が高まりやすく、サイト全体の内容がより統合された形で評価される傾向にあります。

しかし、検索エンジンのアルゴリズムは頻繁に更新されるため、サブドメインとサブディレクトリがSEOに与える影響は変動する可能性があります。多くの専門家は、ブランドやメインのウェブサイトと非常に密接な関係があるコンテンツ(たとえばブログや製品カテゴリー)では、サブディレクトリを用いた方が有利であると指摘しています。一方で、完全に異なるブランドや非常に特殊な目的のサイト(例えばイベント関連やプロモーションサイト)については、独自のサブドメインを設置することが望ましいとされています。

最終的に、サブドメインやサブディレクトリを使用して作られたページのSEO効果を最大限に引き出すためには、それぞれの目的、内容、狙うキーワードへの理解を深め、適切な内部リンク構造を構築することが不可欠です。サイトの目的に合わせて適切な選択をし、検索パフォーマンスを向上させる戦略を立てることが、SEO成功へのカギとなります。

サブドメインとサブディレクトリの使い分けのまとめ

ウェブマスターやSEO担当者は、サブドメインとサブディレクトリを適切に使い分けることでウェブサイトの検索エンジン最適化(SEO)に大きな影響を与えることができます。では、最終的にどのように使い分けをすべきなのでしょうか。

サブドメインは、独立したトピックやブランドを展開する際に有利です。特定のキーワードやニッチな分野に特化したウェブサイト構築を目指す場合に適しています。逆に、サブディレクトリはメインのドメインの権威を活用し、ウェブサイトのコンテンツがメインのトピックと密接に関連しているときに好まれます。例えば、ウェブサイトのブログや製品カテゴリーはサブディレクトリを用いることで、メインのドメインのSEOパフォーマンスを高めることができます。

サブドメインは、メインのウェブサイトからSEOの価値が直接継承されることは少ないため、独自のリンク構築やコンテンツマーケティングが不可欠です。一方、サブディレクトリはメインのドメインのSEO権威を引き継ぐため、より少ない努力で高いSEO効果を望むことができるのです。

ウェブサイトの目標と内容に基づいて適切な選択を行うこと、そして構築されたサイトの内部リンク構造を適切に整備することが、SEO成功の鍵を握ります。サービスの内容やターゲットキーワードに応じて、これら二つのオプションを巧みに使い分けることで、検索エンジンでのパフォーマンスを最適化していくことが可能です。

最終的には、ウェブサイトの全体的な構築戦略とSEO目標に合わせて、サブドメインかサブディレクトリかを選ぶべきです。サイトのインフラが柔軟で将来的な変更が容易に行えるよう、計画段階で正しい判断を行うことが肝要です。そして、どちらを採用するにしても、サイトのユーザビリティや内容の質を優先し、顧客にとって有益な情報を提供することを忘れてはいけません。優れたSEOは、ユーザーエクスペリエンスの向上とシームレスなナビゲーションから始まるのです。

この記事を書いた人

SEO対策などのWEBマーケティングの研究を日々行なっております。デジタルマーケティングのことが誰にでもわかりやすいように、定期的に情報を発信します。

Cominka Labo Teamをフォローする
SEO対策
記事を共有する
IRORI by Cominka