SEO対策

ステータスコード404とは?原因と対処法をわかりやすく解説!

ステータスコード404とは

インターネットを利用しているときに、ウェブページを開こうとした際に表示される「404 Not Found」のメッセージは多くの人が目にしたことがあるでしょう。これはステータスコード404と呼ばれるもので、HTTPステータスコードの一部です。HTTPステータスコードは、Webサーバーからブラウザに対して、リクエストされたアクションが成功したか、失敗したか、その他の情報を通信プロトコルであるHTTPを通じて伝えるための数値コードです。

具体的にステータスコード404は、ウェブサーバーがユーザーのリクエストを受け取ったものの、そのリクエストしたURLに対応する情報がサーバー上に見つからない場合に返されるコードです。これは、該当するページが削除されたか、移動したか、あるいはURLが間違って入力された時によく見られる現象です。ユーザーにとっては見たい情報にアクセスできず、ウェブサイトの運営者にとっては、訪問者に不便を提供してしまう可能性があるため、適切な対応が求められます。

また、ステータスコードは200番台から500番台まであり、それぞれ異なる種類の応答を表しています。たとえば、200番台は成功を表し、300番台はリダイレクトを示し、400番台はクライアントエラーの範疇になります。特に404はクライアントエラーの中でも遭遇する機会が多いステータスコードの一つであり、ウェブサイトのユーザーエクスペリエンスを損ねないよう、適切に管理することがウェブサイト運営において重要になります。

ステータスコードの意味とは

ステータスコードとは、インターネット上でウェブサーバーとブラウザ間の通信時に使用される3桁の数字コードです。このコードは、ブラウザがサーバーに何らかのリクエストを送った際、サーバーからブラウザへの応答として返され、リクエストが成功したのか、何らかのエラーが発生したのかを示します。ステータスコードには様々な種類があり、それぞれの数字が特定の状況を表しています。

例えば、「200 OK」はリクエストが成功し、目的の情報が送信されたことを意味します。一方、「301 Moved Permanently」は要求されたページが恒久的に新しいURLに移動したことを示し、リダイレクトを促します。そして、「404 Not Found」はリクエストされたリソースがサーバー上で見つからなかったことを知らせるコードであり、ウェブ閲覧者が頻繁に遭遇する一般的なメッセージです。

このように、ステータスコードはウェブ上でのコミュニケーションにおいて、非常に重要な役割を果たしており、特にウェブ開発者やウェブマスターにとっては、ウェブサイトのヘルスチェックや問題の診断、さらにSEO(検索エンジン最適化)戦略策定に際して欠かせない情報の一つとなっています。

404エラーとは何ですか?

インターネットを利用している際に時折遭遇する「404 Not Found」のメッセージは、通称「404エラー」と呼ばれ、ウェブサーバーがユーザーの要求したページの存在を確認できなかった場合に返されるステータスコードです。具体的には、ウェブサイトにアクセスしようとしたとき、サーバーはリクエストされたURLに対するレスポンスとしてステータスコードを返します。その中でも「404」というステータスコードが返されると、それは「リクエストされたリソースがサーバー上には存在しない」という意味を表しています。

404エラーの主な特徴は以下の通りです:

  • リクエストされたURLが誤っているか、リンクが古い可能性。
  • 要求されたページが移動されたか、削除された可能性。
  • URLにアクセスする権限がない場合。

このような404エラーは、サイトのコンテンツの変更や再構築の過程でしばしば発生します。ウェブマスターやサイト管理者にとっては、サイトのユーザーエクスペリエンス(UX)を低下させないよう適切な対応を迅速に行うことが重要です。また、訪問者にとっては見つけたい情報にたどり着けないというフラストレーションとなるため、このエラーはできるだけ避けるべき問題となります。

ステータスコード404の原因

インターネットでウェブページにアクセスしようとする際、時々ステータスコード404のエラーメッセージに直面することがあります。これは「ページが見つかりません」という意味で、ウェブブラウザが指定されたURLに対応するページをサーバー上で見つけることができなかった時に発生します。以下に、404エラーの主要な原因を挙げて解説します。

  1. コンテンツの削除または移動
    ウェブサイト上のコンテンツが削除されたか、新しいURLに移動された場合、古いURLへのリンクは存在しなくなり、404エラーを引き起こします。
  2. リンク切れ
    他のウェブサイトからのリンクが更新されず、古いもしくは間違ったURLを指している場合にも404エラーが発生します。これは外部リンクだけでなく、ウェブサイト内部のナビゲーションリンクにも該当します。
  3. ドメイン名の変更
    ウェブサイトが新しいドメイン名に移行した際、旧ドメイン名へのアクセスは404エラーにつながります。
  4. サーバーの問題
    サーバーの設定ミスや技術的な問題により、正しく存在するページでもアクセスできない場合があります。
  5. URLのタイプミス
    ユーザーがURLを手入力する際に間違えてしまった場合にも、存在しないページへアクセスしようとして404エラーが表示されます。

これらの原因を理解し、ウェブサイトの管理者が定期的にサイトを監査して、リンク切れや誤ったリンクがないか確認することは重要です。また、サイトを更新する際は、リダイレクトの処理を慎重に行い、ユーザーが滞りなく新しいコンテンツにアクセスできるように配慮する必要があります。

ステータスコード404の対処法

ウェブサイトを管理運営している場合、訪問者がステータスコード404に直面するのを避けたい、または最小限に抑えたいと思うでしょう。このエラーコードからの回復には、以下のような対処法が有効です。

404エラーページの改善方法

404エラーページはユーザーが求める情報に辿り着けなかった際に表示されるページです。しかし、ただのエラーページではなく、ユーザーにとって有用で親切なものにすることは可能です。以下に、404エラーページを改善してユーザー体験を向上させる方法を具体的に挙げていきます。

  • デザインの改善:404エラーページもサイトの他のページと同様に、ブランドイメージに合わせたデザインが必要です。ユーザーにストレスを与えず、サイトに留まってもらうための工夫をしましょう。
  • ナビゲーションの提供:エラーページにサイト内の主要なナビゲーションメニューを含めることで、ユーザーが求める情報へ簡単にアクセスできるようにします。
  • 検索機能の組み込み:404エラーページに検索バーを設置することで、ユーザーが目的のコンテンツを見つけやすくなります。
  • ユーザーへの説明:なぜこのページが表示されたのか、そしてどうするべきかの簡潔で親切な説明を加えて、ユーザーの混乱を解消します。
  • サイトマップやお勧めのコンテンツのリンク:サイトマップへのリンクや人気のあるコンテンツ、最新記事へのリンクを提供して、他のページへの導線を作りましょう。
  • ユーモアの使用:場合によっては、ユーモアを交えたメッセージでユーザーの気持ちを軽くし、ページの離脱を防ぐことができます。
  • フィードバックの促進:404エラーが表示された理由を報告するためのフォームを設置し、サイトの改善に繋げましょう。

これらの改善方法を取り入れることで、404エラーページが訪問者に与えるネガティブなインパクトを減らすだけでなく、サイト内での滞在時間の延長や、他のページへの興味を引き出すきっかけにもなります。エラーページは終着点である必要はなく、むしろ次への一歩をサポートするものにするべきです。

リダイレクトの設定方法

ウェブサイトで404エラーが発生したときは、ユーザーが求めている情報にスムーズにアクセスできるようにリダイレクトを設定することが有効です。以下に、リダイレクトの基本的な設定方法を説明します。

まずは、.htaccessファイルを用いたリダイレクトの設定方法です。この方法はApacheサーバーを使用している場合に適用されます。.htaccessファイルを編集し、以下のコードを追加することで実装できます。

RewriteEngine On
RewriteRule ^旧ページ\.html$ /新ページ.html [R=301,L]

このコードにおいて「旧ページ.html」はリダイレクトさせたいページの旧URL、「新ページ.html」はリダイレクト先の新しいURLに置き換えます。R=301は恒久的なリダイレクトを意味し、検索エンジンにこの変更を知らせる役割を果たします。

次に、Nginxサーバーの場合の設定方法です。Nginxでは設定ファイルであるnginx.confを編集する必要があります。以下のようにサーバーブロックにリダイレクトのルールを記述します。

location /旧ページ.html {
    return 301 $scheme://$host/新ページ.html;
}

上記の「旧ページ.html」と「新ページ.html」はそれぞれリダイレクトの出発点と目的地のURLに置き換えてください。

また、CMS(コンテンツ管理システム)を利用している場合は、プラグインやモジュールを導入してリダイレクトを管理することも可能です。WordPressであれば「Redirection」などのプラグインが、そのような管理機能を提供しており、簡単な操作でリダイレクトの設定が行えます。

最後に、これらの技術的な変更は慎重に行う必要があります。誤った設定はWebサイトの動作に影響を及ぼす可能性があるため、変更する前には十分なバックアップとテストを行ってください。

カスタム404ページの作成方法

カスタム404ページを作成することは、訪問者にフレンドリーなユーザー体験を提供するための効果的な手法です。以下に、カスタム404ページの基本的な作成方法をいくつか紹介します。

  • デザインの重要性
    404ページは、サイトの他のページと同様に、ブランドのイメージに合わせたデザインを心がけましょう。ユーモアを交えたり、クリエイティブなイラストを使用したりすることで、訪問者のフラストレーションを軽減し、ポジティブな印象を与えることができます。
  • ナビゲーションへの誘導
    404ページにはホームページや人気のページへのリンクを設置し、訪問者が簡単にサイト内をナビゲートできるようにしましょう。
  • 検索バーの設置
    ページが見つからないとき、訪問者が欲しい情報を探しやすくするために、検索バーを組み込むことは非常に有効です。
  • ウェブ開発環境の利用
    多くのコンテンツ管理システム(CMS)では、404ページのカスタマイズオプションを提供しています。例えばWordPressではテーマ編集機能を使って「404.php」ファイルを直接編集することができます。
  • HTMLとCSSの知識
    カスタムデザインを完全に制御するためには、HTMLやCSSの基本的な知識が求められます。これによって、デザインの自由度が格段に上がります。
  • フィードバックの促進
    404ページにフィードバックフォームや問い合わせ先のリンクを設け、訪問者からの直接的なフィードバックを得られるようにすると良いでしょう。

カスタム404ページは訪問者にとって親しみやすく、役立つものであるべきです。訪問者が迷わずに目的の情報やページに辿り着けるよう、工夫を凝らしましょう。また、常にウェブサイト全体の使いやすさと整合性を考え、ユーザーエクスペリエンスを最適化することが重要です。そのため、定期的なアップデートとテストを忘れずに行うようにしてください。

ステータスコード404とSEO評価

ステータスコード404がSEO評価に与える影響は非常に重要です。検索エンジンは、ユーザーに高品質で関連性の高いコンテンツを提供したいと考えています。そのため、見つからないページが多いウェブサイトは、信頼性が低いとみなされる可能性があります。すなわち、404エラーが多いサイトは検索結果で低いランキングを受けることがあるのです。

重要なのは、個々の404エラーが直接的なペナルティに繋がるというよりは、サイト全体のユーザー体験に対する間接的な影響です。404ページが頻繁に発生し、ユーザーが求めている情報へスムーズにたどり着けない場合、ユーザー離脱率が高まり、サイトの評価が下がる可能性があります。

しかし、適切に管理された404ページは、SEOに悪影響を与えることは少ないです。例えば、古いコンテンツへのリンクを適切にリダイレクトすることで、ユーザーの期待を裏切ることなく、ほしい情報へ案内することが可能です。また、カスタム404ページを設けることで、ユーザーに次の行動に進むためのオプションを提供することができます。これによって、サイトの滞在時間が延び、検索エンジンからの評価も向上します。

404ページを発見した検索エンジンは、そのページが一時的なものなのか、恒久的なものなのかを判断しようとします。ここで大切なのは、「410 Gone」などの他のHTTPステータスコードを適切に使い分けることです。明示的に「このページは存在しない」と検索エンジンに伝えることで、該当するURLをインデックスから削除しやすくなり、より健全なサイト構造を保つことができます。

最終的には、404エラー自体よりもその処理の仕方がSEO評価に影響を与えます。定期的なウェブサイトの監査、適切なリダイレクトの設定、利用者に親切なカスタム404ページの実装などは、サイトの品質を保ちながら検索エンジンに好まれる要素です。これらの最善の対策を行うことで、404エラーがSEOに与える潜在的なネガティブな影響を最小限に抑えることができます。

まとめ

この記事では、ウェブサイト運営におけるステータスコード404の意味と、404エラーの主な原因について詳しく解説しました。また、404エラーが引き起こされる状況、そしてエラーページの適切なマネジメント方法を紹介し、これらがSEO評価に与える影響にも焦点を当てました。ウェブマスターは、404エラーがユーザー体験やサイトの評価に悪影響を及ぼさぬよう、カスタム404ページの作成やリダイレクトの設定など、適切な対策を行うことをおすすめします。

この記事を書いた人

SEO対策などのWEBマーケティングの研究を日々行なっております。デジタルマーケティングのことが誰にでもわかりやすいように、定期的に情報を発信します。

Cominka Labo Teamをフォローする
SEO対策ニュース
記事を共有する
IRORI by Cominka