nofollow属性の使い方とSEO効果について徹底解説! SEO対策

nofollow属性の使い方とSEO効果について徹底解説!

「nofollow」属性とは

「nofollow」属性とは、ウェブページ上の特定のリンクに対して、検索エンジンのクローラーに「このリンクをフォローしないでほしい」と指示するためのタグの一つです。具体的には、リンクのタグ内にrel="nofollow"というマークアップを使用することで、そのリンクが検索エンジンによって評価されることを防ぎます。これは、リンク先のサイトに信頼性がなかったり、サイトオーナーが直接的な承認を示したくない場合などに有効であり、検索エンジン最適化(SEO)の実践において重要な概念となっています。正しく使用することで、ページランクの流出を抑制し、ページの信頼性を保つための有効な手段の一つです。

SEOとの関連性

「nofollow」属性は、Googleやその他の検索エンジンがウェブページをインデックスする際、特定のリンクをフォローしないよう指示する役割を担います。これにより、ページのリンクジュースが分散されるのを防ぎ、サイトのオーソリティを守るために重要な技術として認識されています。また、nofollowを設定することで、関連性の低いもしくは信頼性の低いサイトへのリンクが検索エンジンの評価を下げることを防ぎます。その結果、SEOにおいては、自サイトの評価を維持しながら適切なリンクビルディングを行うための戦略的な使用が求められるのです。

nofollow属性の正しい設定方法

nofollow属性を設定するには、リンクのHTMLタグ内にrel="nofollow"というパラメータを追加します。たとえば、外部サイトへのリンクでページランクの流出を防ぎたい場合は、aタグにこの属性を次のように挿入します:<a href="http://www.example.com" rel="nofollow">リンクテキスト</a>。また、サイト全体にわたってnofollowを適用したい場合は、headタグ内のmetaタグを用いて<meta name="robots" content="nofollow">と記述します。これによりすべてのリンクにnofollowが適用されます。ただし、これらの設定は検索エンジンに対してリンクしないように指示するものであり、ユーザーのリンククリック自体を禁止するわけではない点に注意が必要です。

特定のリンクにnofollow属性を設定する方法

特定のリンクにnofollow属性を設定するには、あなたがリンクさせたくないURLを含むアンカータグ(<a>)に、rel属性を追加して「nofollow」という値を与えます。具体的には、リンクされるアンカータグにrel="nofollow"を挿入します。例えば<a href="http://example.com" rel="nofollow">リンクテキスト</a>と記述することで、検索エンジンはこのリンクをたどらないようになります。この手法は単一のリンクに対して行うため、サイト内で厳選したいリンクに個別に適用可能です。

metaタグを使用したサイト全体への適用

「nofollow」属性をウェブサイト全体に適用する場合、metaタグを活用する方法が一般的です。この方法では、セクション内にタグを追加することにより、ウェブサイト上すべてのリンクに対して「nofollow」を適用することができます。ただし、この方法では全てのリンクが非フォローとなってしまうため、信頼できるサイトや内部リンクには別途、個別にフォロー可能なリンクを指定する必要があります。細かいコントロールが求められる場合は、リンクごとに個別指定するのが望ましいでしょう。

「nofollow」属性の使用シナリオ

「nofollow」属性を用いる具体的な場面はさまざまです。代表的なのは、サイト運営者が支払いを行っているリンク、つまり広告やスポンサーリンクにこの属性を適用するケースです。これは、支払いによるリンクによって検索エンジンの結果が歪められるのを防ぐために重要です。加えて、フォーラムやブログのコメント欄など、ユーザー生成コンテンツ(UGC)に挿入されるリンクにも「nofollow」属性を設定することが一般的です。これは、ユーザー作成のコンテンツが信頼できないことが多く、スパムの危険性を防ぐためです。また、Googleは最近「sponsored」属性の導入を通じて、有料リンクの指定方法を明確化しており、「nofollow」との使い分けが求められています。以上のように、リンクの背景にある意図を明確にし、サイトの信頼性と検索エンジンのクロールを適切に管理するために「nofollow」属性が使われます。

有料リンクとnofollow属性

インターネット上で商品やサービスを紹介する際、サイト運営者はしばしば有料リンクを使用します。これには金銭的報酬やその他の利益が関係することが多く、こうした取引を利用する場合、検索エンジンがリンクを自然な推薦として誤解しないよう、nofollow属性の使用が理にかなっています。Googleは有料リンクにnofollow属性を指定することを強く推奨し、これに従わない場合は、ウェブマスターガイドライン違反とみなされる可能性があるため、リスク管理の観点からもnofollow属性の適切な使用が重要になります。さらに、2019年に導入された「sponsored」属性は、有料リンクにより明確な指定を行うために作られましたが、引き続きnofollow属性の使用も効果的です。

ユーザー生成コンテンツ(UGC)と「nofollow」

ユーザーが生成するコンテンツ、例えば、フォーラムの投稿やブログのコメントなどには、「nofollow」属性が重要な役割を果たします。これらのコンテンツに含まれるリンクは、ウェブサイトの管理者が直接コントロールできないため、スパムや低品質なサイトへのリンクである可能性があります。そのようなリンクに「nofollow」属性を使用することで、検索エンジンはこれらのリンクを信頼指標として使わないため、ウェブサイトの権威を保ちつつ、検索ランキングへの悪影響を遮断できます。適切に「nofollow」属性を利用することは、UGCが潤沢なサイトにとって、SEO戦略上不可欠です。

「sponsored」と「nofollow」の違い

「sponsored」と「nofollow」は、Googleがウェブマスターに提供するリンク属性のタイプですが、使用目的に違いがあります。「sponsored」属性は、サイトが広告、スポンサーシップ、その他の有料リンクを伝えるために使用されます。一方で、「nofollow」属性は検索エンジンに対してリンクを追跡しないよう指示し、リンクがページランクや検索エンジンのインデックス作成のシグナルとして機能するのを防ぐために使用されます。より明確にリンクの性質を伝えることができるため、「sponsored」属性が有料リンクには推奨され、一方で「nofollow」はユーザー生成コンテンツや信頼性が未確認のリンクに適用されます。

nofollow属性を使うべきではないケース

SEOを最適化するうえで、すべての外部リンクにnofollow属性を一律で使用することは適切ではありません。例えば、自社の信頼性の高いパートナーサイトや業界内で権威のある専門メディアへのリンクには、nofollow属性を設定せず、検索エンジンによる追跡を許可することが好ましいです。これは相互に価値を認め合う関係性を築き、ウェブサイトの信頼性を向上させるためです。また、あなたのコンテンツが提供する価値を信じ、ユーザーに参考資料として提案するリンクにはnofollowを設定する必要はありません。検索エンジンの自然な評価システムの一部として、それらのリンクを活用し、サイトの権威を高めるべきです。

通常リンクとnofollowリンクの違い

通常リンクとは、ウェブページ間の関連性や信頼性を検索エンジンが評価するために使用される基本的なリンクです。これに対して、nofollowリンクは、rel="nofollow"タグを用いて特定のリンクから検索エンジンを遠ざけることを目的に設定されます。通常リンクはSEOに影響を与える「票」として機能し得ますが、nofollowリンクはその投票権を無効化し、ページランクの流出を防ぐために使われます。つまり、nofollowリンクは検索エンジンによるリンクの追跡をブロックし、リンク先ページへの信頼のバックリンクとしての"信用"を提供しません。これにより、サイト運営者はリンクジュースの流れを細かくコントロールし、サイトのSEO価値を保護することができるのです。

nofollow属性の誤用とSEOへの影響

nofollow属性の適切な使用はSEOにとって重要ですが、誤った使い方をすると逆効果になることがあります。例えば、自サイトの信頼性のある内部リンクにnofollow属性を用いると、サイト内の価値あるコンテンツへのリンクジュースを渡さないためSEOの機会を逸してしまいます。また、nofollowを多用することは、検索エンジンがWebサイトのリンクパターンを自然なものと認識するのを妨げ、サイト全体の信頼性を損なう可能性も。スパム防止や広告リンクの管理など特定の場合のみに用い、正しいシナリオでの利用がSEO効果を最大限に引き出します。

nofollow属性の変遷と現在

Googleが2005年に導入した「nofollow」属性は、当初スパムコメントから生じるSEOの問題を抑制するために作られました。ウェブマスターがリンクにこの属性を付与することで、検索エンジンにそのリンクを追跡しないよう指示し、PageRank(ページランク)の伝達を遮断していました。時が経つにつれ、Googleは「nofollow」をより微細なリンク管理ツールとして発展させ、「sponsored」と「ugc」の属性を2019年に導入しました。これにより、広告やユーザー生成コンテンツからのリンクをより明確に区別できるようになりました。現在では「nofollow」は従来の目的に加え、ユーザーへの信頼性の高いサイト運営を伝える手段としても推奨されており、ウェブエコシステムにおけるその価値はより一層高まっています。

nofollow属性の使われ方の変遷

2005年の導入時、nofollow属性はコメントスパムによるSEO問題を防ぐために生み出されました。検索エンジンに対し、特定のリンクを追跡しないよう指示し、PageRankの伝搬を遮断する役割を果たしてきました。当初は単純な追跡遮断機能でしたが、次第にGoogleはこれを洗練させ、2019年にはリンクの種別をさらに明確にする目的で、「sponsored」や「ugc」といった属性を導入。広告やユーザー生成コンテンツからのリンクを区別するために使用されるようになりました。今日では、信頼できるウェブサイトの保守に「nofollow」属性が推奨され、ウェブの生態系においてその価値は以前にも増して高まっています。

現代におけるnofollow属性の推奨される使い方

今日では、nofollow属性はウェブサイトの信頼性を維持するために推奨されている重要な要素です。例えば、自サイトから関連性の低い、あるいは信頼性に欠けるコンテンツにリンクする際は、nofollow属性を追加することで、検索エンジンにそのリンクに関連するページランキングへの影響を行わせないよう指示できます。また、有料リンクや広告に対しても、透明性を持たせるためにこの属性を利用することが望まれます。ユーザーが生成するコンテンツ内のリンクに使用される場合でも、サイト運営者がそれらのリンクを完全に管理し監視することが困難であれば、nofollowを用いるべきです。これらの推奨される使用例を遵守することで、ウェブのエコシステムにおいて健全な役割を果たすことが可能になります。

nofollow属性を活用したSEO対策

SEOの観点から「nofollow」属性の活用は、サイトが価値のある情報源として認知されるために非常に重要です。まず理解すべきは、nofollow属性を付与することによって、特定のリンクからのページランクの流れを遮断できるという点です。以下のようなケースでこれを実施することが有効です。

  • 関連性が低いまたは信頼性に疑問がある外部サイトへのリンク。
  • サイトオーナーが管理できないコメント欄やフォーラムのユーザー生成コンテンツ内のリンク。
  • 広告やアフィリエイトリンク等の有料であることを明確にするためのリンク。

これらの対応によって、Googleなどの検索エンジンに対し、これらのリンクをランキング信号として利用しないよう指示することが可能になります。ただし、無闇にnofollow属性を使用すると、サイト間の有用なリンク構築が阻害される可能性もあるため、使用する際には慎重な判断が求められます。正しいケースでの適切な利用が、SEO対策として望ましい結果をもたらすでしょう。

コメントスパムへの対策としてのnofollow

ブログやフォーラムにおけるコメント欄は、ユーザー同士の交流の場として重要ですが、スパム行為への横行も否めません。検索エンジン最適化(SEO)の観点から見ても、これら不適切なリンクはサイトの評価低下を招く恐れがあるため、十分な注意が必要です。そこで役立つのが、「nofollow」属性の活用です。

  • ユーザーが投稿したコメント内に含まれるリンクには、自動的に「nofollow」属性を付与します。
  • これにより、検索エンジンはこれらのリンクを信頼性の高い投票としてカウントしないため、ページランクへの悪影響を防ぎます。

継続的な監視と共に「nofollow」属性を適用することで、コメントスパムからウェブサイトの健全性を守り、SEOにおける信頼性の維持にも寄与します。

低品質コンテンツへのリンクとnofollow

ウェブサイトがSEOの観点から信頼性を維持するためには、低品質なコンテンツへのリンクを適切に管理することが不可欠です。nofollow属性は、検索エンジンに対してあるリンクを「フォローしない」と指示することで、これら低品質なページとの関連を避け、サイトの評価を保護します。具体的には、信頼できない情報源やメリットの乏しいページにnofollow属性を付与することにより、サイト自体の質の低下や検索ランキングへの悪影響を防ぎます。このように適切な使用は、サイトのSEOパフォーマンスにとって重要な役割を果たします。

まとめ

この記事では、「nofollow」属性の意味やSEOとの関連性、正しい設定方法について網羅的にご紹介しています。nofollow属性を適切に活用し、検索エンジンによる評価を下げないようにする重要性が強調されています。特に、有料リンクやユーザー生成コンテンツには慎重な使用が求められます。読者の皆さまには、ご自身のサイトにnofollow属性を正しく適用することをお勧めし、SEO対策を更に向上させることを心掛けていただきたいと考えます。最後に、nofollow属性の変遷と現代での推奨される使い方を学び、今後のウェブサイト運営に役立ててください。

この記事を書いた人

SEO対策などのWEBマーケティングの研究を日々行なっております。デジタルマーケティングのことが誰にでもわかりやすいように、定期的に情報を発信します。

Cominka Labo Teamをフォローする
SEO対策
記事を共有する
IRORI by Cominka