Googleアナリティクス4の基本と設定方法を徹底解説! SEO対策

Googleアナリティクス4の基本と設定方法を徹底解説!

Googleアナリティクス4とは

Googleアナリティクス4(GA4)はGoogleによって開発された最新のウェブ解析ツールです。ユーザー行動の変化やプライバシーへの関心の高まりを背景に、より広範囲なデータ収集と分析の可能性を提供するために設計されました。GA4は従来のUniversal Analytics(UA)の後継版として位置づけられており、より複雑なユーザージャーニーの追跡が可能になっています。AIを活用した予測分析など、洗練された機能が導入されており、リアルタイムのトラッキングだけでなく、行動パターンや変換の予測も行えるようになっています。また、GA4はクロスプラットフォームの分析に対応しており、ウェブサイトはもちろんのこと、アプリでのユーザー行動も統一的に分析することが可能です。貴重な顧客データを効率的に解析し、ビジネス戦略やマーケティングの精度を高めるために、多くの企業がGoogleアナリティクス4へと移行を進めています。

Googleアナリティクス4の概要

Googleアナリティクス4(GA4)は、データの収集・分析を革新的に行うための最新のウェブ解析ツールです。従来のユニバーサルアナリティクス(UA)を進化させ、ユーザーのプライバシー保護の要請やデジタル行動の変化に対応した機能が盛り込まれています。GA4では、ユーザーが複数のデバイスやプラットフォームを横断して行う複雑な旅(ユーザージャーニー)の追跡が可能となり、ウェブサイトだけでなくアプリ間での統合的な分析が行えるように設計されている点が特徴です。

AIを活用した予測分析により、将来の顧客行動やコンバージョンの可能性を見込むこともできるようになっており、マーケティング戦略の策定に非常に役立つ洞察を提供します。また、GA4はリアルタイムでのトラッキング機能も強化されており、ユーザー行動をより早くかつ詳細に捉えることができます。これにより、迅速なデータドリブンの意思決定が可能になり、ビジネスオーナーやマーケターにとって重要なツールとなるでしょう。

さらに、GA4はメジャメントプロトコルAPIの導入により、カスタムデータの収集やイベントの設定が従来よりも容易になりました。ユーザー体験の隅々まで掘り下げ、詳細なデータを得るための柔軟性が向上しているのです。従来のアナリティクスツールのようにセッションベースの分析ではなく、イベントベースの分析でよりリッチなデータを収集することが可能です。トータルで見ると、GA4は個々のユーザーの行動をより深く理解し、それぞれのニーズに合わせたパーソナライズされたマーケティング活動を実施するために開発されたツールだと言えるでしょう。

Googleアナリティクス4の新機能

Googleアナリティクス4(GA4)は、以前のバージョンからいくつかの大きな進化を遂げた新機能を搭載しています。たとえば、マシンラーニングを活用した予測分析機能は、ユーザー行動の将来的な傾向や売上が期待できる顧客の予測など、ビジネス戦略に役立つ見込み情報を提供します。また、以前は拡張されたeコマースレポートへのアクセスには追加プラグインが必要でしたが、GA4では標準でより包括的なeコマースデータのトラッキングと分析が可能です。

ユーザープライバシーの観点からも進歩が見られ、GA4はクッキーに依存せずとも機能するように設計されているため、クッキーレスの環境でもデータを収集できます。さらに、ユーザー間のインタラクションに関する洞察を深める「クロスプラットフォームトラッキング」も大きな特徴の一つです。ユーザーが異なるデバイスやプラットフォームを横断して行う行動を統合して追跡し、より一貫性のあるデータを得ることができるのです。

GA4はまた、イベントベースのデータモデルを採用しており、従来のセッションベースの追跡方式と異なります。ユーザーの特定の行動やイベントが即座にトラッキングされ、リアルタイムに動向を把握することが可能になります。これらの新しい機能により、GA4はユーザーの体験の全体図を詳細に提供し、ウェブサイトやアプリのパフォーマンスを更に強化するデータ駆動型の意思決定を支援します。

Googleアナリティクス4のアカウント設定

Googleアナリティクス4の基本設定を始めるには、まずアカウントの作成が必要です。Googleアナリティクスにログインし、「管理」セクションに進んでください。ここで「アカウントの作成」ボタンを選択し、新しいアカウントを設定します。このプロセスは比較的簡単であり、Googleアカウントがあれば数分で完了します。アカウントを作成した後、特定のウェブサイトやアプリケーションに対する「プロパティ」を作成することになります。プロパティとは、データを集める対象(ウェブサイトやアプリなど)のことであり、この設定によってデータの収集と分析が可能となります。

Googleアナリティクス4のアカウント設定には、通常、次のステップが含まれます:

  • Googleアカウントでログインする。
  • 「管理」タブにアクセスし、「アカウントの作成」を選択。
  • 新しいアカウントに名前を付け、共有設定を決定し、利用規約に同意する。
  • プロパティを作成し、そのデータ収集のための設定を行う。
  • 「データストリーム」を設定して、ウェブサイトやアプリからデータを受信する方法を定義する。

上記のステップを完了することで、Googleアナリティクス4を使ったデータ収集の準備は整います。適切な設定が行われれば、より精度の高いデータ分析を行う上での基盤が築かれることになります。設定プロセスには、分析目的に合わせてカスタムイベントや変数の設定等も含まれますが、それについては後述するイベント設定のセクションで詳述します。

Googleアナリティクス4は、ユーザーのプライバシーにも配慮しています。従来のGoogleアナリティクスと比較して、GDPR(一般データ保護規則)やCCPA(カリフォルニア消費者プライバシー法)などの法規制に対応したデータ収集が可能です。この設定により、サイト訪問者のプライバシーを尊重しつつ、価値のあるインサイトを得ることが可能になります。最終的に、GA4の設定を通じて、ビジネスの目標に合わせたデータ駆動型の意思決定が行えるようになるわけです。

Googleアナリティクス4アカウントの作成方法

Googleアナリティクス4(通称GA4)アカウントの作成は簡単で直感的なプロセスです。以下は、新たにGA4アカウントを作成する手順をわかりやすくご説明します。

  • まずは、Googleアナリティクスの公式ウェブサイトにアクセスします。既にGoogleアカウントをお持ちでなければ、作成する必要があります。
  • サイトの右上にある「管理」をクリックし、「アカウント」セクション内の「アカウントを作成」ボタンを選択します。
  • アカウント名を入力し、共有データ設定に関するオプションを選択してください。これらの設定は後で変更が可能です。
  • 次に、「次へ」を押し、アナリティクスがデータを収集するプロパティの設定に進みます。プロパティは通常、ウェブサイトあるいはアプリケーションを指します。
  • プロパティの名前、時間帯、通貨単位を適切に設定してください。
  • GA4では、ユーザーデータのプライバシーに対する考え方が強調されているため、データ保持期間とデータ共有設定を確認しましょう。
  • 全ての設定が完了したら、「アカウントを作成」ボタンをクリックしてアカウントの作成プロセスを完了します。

以上の手順を完了すると、Googleアナリティクス4アカウントの基盤が整い、次はウェブサイトまたはアプリケーションに対するデータ追跡を始めるためのプロパティを設定する段階に進むことが出来ます。アカウント作成後は、継続してデータを正確に収集し、価値ある洞察を得るためにも設定内容の確認と最適化を行うことが重要です。

Googleアナリティクス4のプロパティ作成方法

Googleアナリティクス4でウェブサイトやアプリケーションのデータを追跡するには、まず適切なプロパティを作成する必要があります。プロパティは、特定のビジネスのデータ収集と分析の根幹となる項目です。以下はプロパティ作成の手順を簡潔に解説します。

  1. Googleアナリティクスアカウントにログイン:すでにアカウントをお持ちの方は、Googleにログインし、アナリティクスの管理画面にアクセスしてください。
  2. 管理セクションのプロパティタブを選択:画面左下の「管理」をクリックし、プロパティタブがあることを確認します。
  3. プロパティの作成:「プロパティを作成」を選択し、始めるためのオプションを選びます。ここでウェブサイトやアプリケーションの名前、所在国、通貨、時間帯を設定します。
  4. データストリームの設定:プロパティが作成されたら、次はデータストリームを設定します。これにより、どのプラットフォームからデータを収集するかを選択できます。ウェブサイトの場合は「ウェブ」、アプリの場合は「アプリ」を選び、該当する情報(ウェブサイトのURLなど)を入力します。
  5. 測定IDの取得:データストリーム設定後、測定ID(またはトラッキングID)が提供されます。これは、ウェブサイトやアプリにGoogleアナリティクスのコードを実装する際に必要です。
  6. タグの設定(オプション):Googleタグマネージャーを経由してIDを実装する場合は、適切なタグを設定することで、データ収集の精度と管理のしやすさを高められます。

上記のステップでプロパティの基本設定は完了です。さらに細かい設定を行いたい場合は、プロパティの「データ設定」セクションで、データの保持期間やユーザー属性の情報などをカスタマイズすることができます。この設定により、ビジネスのニーズに応じて柔軟にデータ分析を行う土台が整います。

プロパティ作成はGoogleアナリティクス4でのデータ収集を開始するうえで非常に重要なプロセスであり、この設定によって得られる情報の質と量が大きく左右されます。プロセスを丁寧に進め、正確なデータ基盤を構築することで、ビジネスの成功につながる洞察を得られるでしょう。

Googleアナリティクス4のデータ分析

Googleアナリティクス4(GA4)のデータ分析機能は、ウェブサイトやアプリケーションのユーザー行動を深く理解し、ビジネスの成長を推進するための強力なツールです。GA4の分析プラットフォームでは、既往のUniversal Analytics(UA)に比べて、より柔軟かつ包括的なデータをユーザーに提供します。

利用者の行動パターンの把握は、GA4のマシンラーニングアルゴリズムにより自動化され、洞察に富んだレポートを生成することが可能です。さらに、ユーザーフローを可視化する機能やセグメント化を用いた詳細な分析が、改善点の発見やマーケティング戦略の最適化に役立ちます。

GA4には、以下のような特徴を持ったデータ分析機能が含まれています:

  • ユーザー中心の分析:セッションではなく、ユーザー中心のアプローチを採用しており、跨デバイスの追跡が可能です。
  • イベントベースのデータモデル:カスタムイベントも容易に設定でき、特定のユーザーアクションのトラッキングが簡単になります。
  • 予測指標:AIを活用して将来の消費者行動の予測を展開し、マーケティングの効果を高める戦略を立てることができます。
  • 様々なレポートオプション:ユーザーエクスプローラー、パス分析、ファンネル分析など、目的に応じて細かいレポートが得られます。

これらの機能により、GA4はデータに基づいた意思決定をサポートし、企業やマーケターが戦略を調整し、最適化するための洞察を提供します。また、変動する市場に対応するため、リアルタイムのデータ分析を行い、迅速な対応策を立てることが可能です。

終わりとして、Googleアナリティクス4のデータ分析機能は、単にデータを逐一チェックするためのツールではなく、効率的かつ効果的なビジネス戦略を描くための重要な要素であると言えるでしょう。豊富な分析機能が、成功へと導く道しるべとなります。

Googleアナリティクス4のレポート分析

Googleアナリティクス4では、より進化したレポート分析機能を利用することができます。ここでの分析はユーザーの行動パターンや好み、デバイス利用状況など、様々な角度からウェブサイトやアプリの成果を深く掘り下げて理解するためのものです。具体的には以下のようなレポートが用意されています。

  • ライフサイクル レポート:ユーザーのアクイジションから離脱までの過程を追跡し、エンゲージメントの高いコンテンツやキャンペーンの効果を分析できます。
  • ユーザー レポート:オーディエンスの属性(年齢、性別、地域等)を理解し、ターゲット層がウェブサイトに対してどのように反応しているかを把握するのに役立ちます。
  • イベント レポート:カスタムイベントや自動追跡されたイベントに基づいたユーザー行動の細かな分析が可能です。
  • 収益化 レポート:広告収益やeコマースの性能を評価し、収益につながるユーザー行動を発見できます。

これらのレポートは、カスタマイズも可能であり、ビジネスにとって重要なKPIにフォーカスした分析を行うことができます。また、GA4はAIを駆使してユーザー行動の予測も行い、これに基づいた最適な施策立案を行うことができます。レポートの閲覧だけでなく、「分析ハブ」を利用してより詳細な探索分析も行えるため、マーケティングの精度を格段に向上させられます。

データ分析のプロセスでは、目的に応じたレポートを選択し、得られたデータからインサイトを抽出し、それを戦略的なアクションに落とし込むことが重要です。Googleアナリティクス4は、このようなデータドリブンな意思決定を支え、ビジネスをより効果的に推進するための信頼できるツールです。

Googleアナリティクス4のイベント設定方法

Googleアナリティクス4(GA4)におけるイベント設定は、ウェブサイトやアプリ上でのユーザーの行動を追跡する重要なプロセスです。イベントとは、ページビュー、ボタンクリック、動画の再生など、ユーザーが行った具体的なアクションを指します。イベントを正しく設定することで、より深い分析が可能になり、ユーザー行動の理解が深まります。

以下にGA4でのイベント設定方法について、簡潔に説明します。

  • イベント計測の原則を理解する: GA4はユーザー中心のイベントベースのデータモデルを採用しています。Universal Analyticsと比較して、柔軟性が高く、カスタマイズが容易です。
  • 自動計測イベントの確認: GA4では一部のイベントは自動的に計測されます。例えば、スクロール、クリック、ファイルのダウンロードがあります。これら標準のイベントを確認し、必要な設定があるかをチェックしましょう。
  • カスタムイベントの設定: GA4内で、左側ナビゲーションの「イベント」セクションを選択し、「カスタムイベントの作成」をクリックします。イベント名、パラメーター、計測範囲を設定することにより、独自のイベントを計測できます。
  • イベントパラメーターの設定: イベントに関連する追加情報を収集するためにパラメーターを使用します。例えば、製品の購入イベントには、「価格」や「商品カテゴリ」などのパラメーターが有効です。
  • イベントのテストと検証: GA4では「デバッグビュー」を使用してリアルタイムでイベントをテストできます。これにより、実際のユーザー行動を追跡する前にイベントが正しく設定されていることを確認できます。
  • トリガーとタグの管理: Googleタグマネージャーを利用している場合、イベントをトリガーと組み合わせ、特定の行動が起きた時にイベントを発火させることができます。

イベントの設定を通じて、ユーザー行動を正確に追跡することは、ウェブサイトやアプリの改善ポイントを見つけるのに不可欠です。GA4の強力なイベント追跡機能を最大限に活用し、データドリブンな意思決定を行いましょう。

まとめ

この記事では、Googleアナリティクス4の基礎知識からアカウントの設定方法までを分かりやすく案内しています。特に新しい機能とその利点について解説し、効果的なウェブサイト分析のための手順を丁寧に説明しております。読者の皆様は、この情報を活用して、より洗練されたデータ分析を行い、ウェブサイトのパフォーマンス向上に役立てられるでしょう。記事の内容をもとにGoogleアナリティクス4を設定し、具体的なアクションに繋げることが推奨されます。

この記事を書いた人

SEO対策などのWEBマーケティングの研究を日々行なっております。デジタルマーケティングのことが誰にでもわかりやすいように、定期的に情報を発信します。

Cominka Labo Teamをフォローする
SEO対策
記事を共有する
IRORI by Cominka