ツール

GA4レポート作成アドオン「GA4 Reports Builder」のインストール方法を解説

こんにちは、今回はスプレッドシート用のGoogle公式アドオンである「GA4 Reports Builder for Google Analytics」の使い方について解説します。スプレッドシートを活用して効果的なデータ分析を行いたい方にとって、このアドオンは非常に便利なツールです。

GA4用公式アドオンのインストール手順

「GA4 Reports Builder for Google Analytics」をインストールしましょう。Googleスプレッドシートを開き、「拡張機能」メニューから「アドオンを取得」を選択します。

検索バーに「GA4 Reports Builder for Google Analytics」と入力し、検索結果からインストールしたいアドオンをクリックし、アプリ詳細画面でインストールボタンをクリックします。

これでインストールが完了です。次に使い方を解説します。

「GA4 Reports Builder for Google Analytics」の基本的な使い方

Googleスプレッドシートの画面で「拡張機能」メニューから「GA4 Reports Builder for Google Analytics」を選び、「Create new report」を選択します。

GA4 Reports BuilderのCreate new report

すると、作成レポートの設定画面が表示されます。

この画面では、

  • 作成するレポート名
  • 接続するGoogleアカウント名
  • 接続するプロパティ名
  • レポートの開始日
  • レポートの終了日
  • 取得データのディメンション(プロパティを選択すると表示されます)
  • 取得データの指標(プロパティを選択すると表示されます)

を選択します。

最下部にあるcreateをクリックするとレポート設定詳細がシートとして作成されます。

次にGoogleスプレッドシートの画面で「拡張機能」メニューから「GA4 Reports Builder for Google Analytics」を選び、「Run reports」をクリックして、アドオンを実行させます。

GA4 Reports BuilderのRun reports

設定画面で先ほど設定したレポート名の新しいシートとして生成されます。

まとめ

今回はGA4のデータをスプレッドシートに抽出しレポートを作成する公式アドオン「GA4 Reports Builder for Google Analytics」のインストールと抽出方法を紹介しました。
サードパーティー製のアドオンではなく、Google公式のアドオンなのも安心材料の一つです。

このアドオンを活用して自サイトの現状把握と課題点の抽出や改善点の洗い出しを効率よくできるように活用してください!

この記事を書いた人

SEO対策などのWEBマーケティングの研究を日々行なっております。デジタルマーケティングのことが誰にでもわかりやすいように、定期的に情報を発信します。

Cominka Labo Teamをフォローする
ツール
記事を共有する
IRORI by Cominka