GA4ユーザー数の解説と計測方法について徹底解説! SEO対策

GA4ユーザー数の解説と計測方法について徹底解説!

GA4とは、基本概念の理解

GA4(Google Analytics 4)とは、Googleが提供するアナリティクスツールの最新バージョンであり、ウェブサイトやアプリの利用状況を分析するためのものです。既存のUniversal Analytics(UA)から多くの変更が加わり、より大規模で複雑なユーザー行動の追跡が可能になりました。この新しいシステムでは、イベントベースのモデルを採用し、ユーザー数だけでなく、そのエンゲージメントの深さまで把握することができます。また、クロスプラットフォームのトラッキングが強化され、ウェブとアプリのデータを統一的に分析することが可能になりました。GA4は機械学習を利用した予測分析機能も備え、将来的なユーザー動向を見据えたマーケティング戦略の策定をサポートします。

GA4とユニバーサルアナリティクス(UA)の違い

Googleアナリティクスの新たなバージョンとして誕生したGA4は、以前のバージョンであるユニバーサルアナリティクス(UA)と複数の点で大きく異なります。まず、ユーザー行動を判定するモデルがセッションベースからイベントベースへと進化し、細かなユーザーの活動を追跡できるようになりました。また、ウェブとアプリのデータを統合して分析するクロスプラットフォーム追跡が強化され、より一貫したユーザー体験を測定することが可能です。加えて、GA4は機械学習を用いた予測分析機能を備え、将来のユーザートレンドを予測に基づいたマーケティング戦略を立案するための洞察を提供します。これらの変更は、ユーザー数計測にも影響し、より精度の高いデータ分析を可能にしています。

ユニークユーザーとアクティブユーザーの定義

GA4における「ユニークユーザー」とは、特定の期間にサイトまたはアプリを一度以上訪問した異なるユーザーを指します。これは、重複カウントを除外した人数を示しており、個々のセッションではなくユーザーを重視した指標です。一方、「アクティブユーザー」とは、選択した期間内にサイトやアプリで活動を行ったユーザー数を指します。アクティブユーザーはサイトへの関与度やエンゲージメントの高さを測る上で非常に有効な指標であり、マーケティング戦略策定に不可欠なデータの一つとされています。

GA4ユーザー数の正しい理解

Google Analytics 4(GA4)でのユーザー数は重要なメトリックであり、ウェブサイトやアプリケーションの成果を測定する基礎となります。GA4では、ユーザー数は単純な訪問者数を超え、ユーザーのインタラクションやセッションを通じて計測されます。これにより、同一ユーザーが複数回訪問した場合でも、その行動はユニークなユーザー数に影響を与えることになります。したがって、GA4でのユーザー数を解釈する際には、セッション管理やユーザー識別の仕組みを理解することが不可欠です。正しい理解が行動分析や最適化の取り組みに直結し、より有効なデータドリブンの意思決定に繋がるのです。

なぜユーザー数が人数と異なるのか

GA4では、ユーザー数と実際の訪問者数の間には必ずしも一致しない理由があります。これは、GA4が複数のデバイスやブラウザを使用する同一人物を別のユーザーとして計測する可能性があるためです。例えば、スマートフォンとパソコンでサイトを訪れた場合、それぞれが独立したユーザーとしてカウントされます。また、同じデバイスであってもブラウザを変えたり、クッキーを削除したりすることで、新規ユーザーとして識別されることがあります。それに加え、複数の人が同じデバイスを共有している場合でも、ひとつのユーザーとして数えられることなどにより、ユーザー数が物理的な人数と異なる状況が生まれるのです。

デバイスとユーザー数の関係

GA4におけるユーザー数は、単一のデバイスやブラウザに紐付けられて計測されますが、これはユーザー数が実際にウェブサイトを訪れた人数と異なる可能性があることを意味します。例えば、1人のユーザーが複数のデバイスやブラウザを用いてアクセスした場合、GA4はそれぞれ異なるユーザーとして計上します。逆に家族や友人が同一デバイスを共有している状況だと、複数の人が1人のユーザーとしてカウントされる場合もあるため、デバイスやブラウザの使用状況によってユーザー数に大きな違いが生じることが理解されなければなりません。

GA4でのユーザー数の計測方法

GA4におけるユーザー数の計測は、新しいイベントベースのデータモデルに基づいており、「user_id」およびブラウザやデバイスに割り当てられたユニークな「client_id」を活用して行われます。これにより、一人のユーザーが複数のデバイスやブラウザを使用した場合でも、それぞれのセッションを追跡できるようになりました。GA4はJavaScriptライブラリ(gtag.js)の導入を必要とし、各ページを訪れた際に発生するユーザーとのインタラクションをイベントとして捉えます。例えば、「page_view」や「session_start」などの自動収集イベントを通じてユーザー活動が計測され、加えて、独自に定義したイベントを設定することも可能です。これにより、より多角的な視点からユーザー行動を分析するためのデータが収集され、高度なユーザー追跡が実現されます。

期間指定によるユーザー数の確認方法

GA4において期間指定でユーザー数を確認することは、データ解析の基本かつ重要なステップです。以下の手順で簡単に行えます。

  • GA4ダッシュボードにログインし、「レポート」セクションに移動します。
  • 画面左上の日付範囲をクリックし、分析対象の期間を設定します。
  • その期間で「ユーザー」や「新規ユーザー」といった指標を選択して表示させることが可能です。
  • カレンダー機能を使用して、特定の日、週、月、四半期、またはカスタム範囲のデータを指定できます。

この期間指定機能を利用することで、マーケティング施策の効果測定やユーザーの行動傾向など、時間軸に沿った分析が可能になります。

どのようにユーザー数が計測されるのか

GA4でのユーザー数の計測は、訪問者のブラウザに設置された「クッキー」と、ユーザー識別に用いる「ユーザーID」に基づいて行われます。各ブラウザに固有のIDが付与され、そのIDを通してユーザーの行動が追跡されます。また、Googleアカウントでログインしている場合は、異なるデバイス間でもユーザーを同一人物とみなし追跡することが可能です。これにより、GA4では複合的な手法を用いてユーザー数をより正確に反映させています。たとえば、一人が複数のデバイスを使用してアクセスした場合、それぞれ別のユーザーとしてカウントされることなく、一つのユーザーとして計測されることに繋がります。

GA4ユーザー数レポートの見方

GA4におけるユーザー数レポートの理解は、データ駆動型のウェブ戦略を立てる際に不可欠です。レポート画面に登場する「総ユーザー数」という指標は、指定した期間内にウェブサイトに訪れた異なるユーザーIDの総数を指します。これと「アクティブユーザー数」は異なり、後者はウェブサイトとのエンゲージメントがあったユーザーのみを反映しています。この違いを理解することで、ウェブサイトの訪問者がどれだけエンゲージしているかの洞察を得ることができます。また、レポート上で異なる数値が表示される場合は、トラッキングコードのインプリメンテーションの問題やデータのフィルタリングにより生じることがあります。これらの知見を用いて、ユーザー行動の分析やマーケティング戦略の修正に役立てましょう。

総ユーザー数とアクティブユーザー数の違い

GA4における「総ユーザー数」とは、測定期間内にサイトやアプリに訪れたユニークなユーザー数を示します。一方、「アクティブユーザー数」とは、特定の期間内にサイトやアプリに対して意味のあるインタラクションを行ったユーザーの数を指し、これにはセッションを開始したり、イベントをトリガーしたりしたユーザーが含まれます。総ユーザー数は訪問した全ユーザーをカウントするのに対し、アクティブユーザー数はエンゲージメントを示す指標として機能します。したがってアクティブユーザー数は、ウェブサイトやアプリの魅力とユーザーの関与度を反映するため、マーケティング戦略やコンテンツ改善策を検討するうえで重要なデータとなります。

レポートフォーマット差異が生じる一般的な原因

GA4におけるユーザー数レポートにおいて、差異が生じるのはさまざまな要因が原因です。たとえば、ユーザーが複数のデバイスやブラウザを使用することで、同一ユーザーが複数のユーザーとして計測される可能性があります。また、クッキーの削除やブロック、異なるアカウントの利用によってもユーザー識別の正確性が損なわれます。さらに、トラッキングコードの実装ミスやデータ収集に関する設定ミスも、データに影響を及ぼすことがあります。それらの相違点を理解し、可能な限り正確なデータ解析を行うには、レポートの質を常に確認することが不可欠です。

GA4ユーザー数のデータの活用方法

GA4におけるユーザー数のデータは、ウェブサイトやアプリのパフォーマンス分析、マーケティング戦略の最適化に不可欠です。具体的には、以下のような活用方法が挙げられます。

  • ユーザーの行動パターンを把握し、ユーザーエクスペリエンスの改善に役立てる。
  • 人気のページやコンテンツを特定し、特定のターゲット向けにコンテンツを最適化する。
  • 異なるマーケティングキャンペーンや施策の効果を比較し、投資対効果(ROI)を高める。
  • 新規ユーザーとリピートユーザーの割合を分析し、顧客ロイヤリティやブランドの健全性を見極める。
  • Google広告やその他のマーケティングツールと連携し、より効率的なリターゲティングやオーディエンスセグメンテーションを実施する。

これらの活用方法により、GA4で収集されるユーザー数のデータは、ビジネスの成長を加速させる鍵となりえます。ただし、データを活用するには、正確性と整合性を保つことが重要です。また、プライバシーポリシーの規定に従いつつ、データへのアクセスや分析には慎重に取り組む必要があります。

Google広告との連携

GA4を使用する最大のメリットの一つは、Google広告との緊密な連携にあります。これにより、GA4で計測されたユーザー数のデータは、Google広告キャンペーンの効果測定やターゲティングの精度向上に活用可能です。具体的には、サイト訪問者の行動パターンを解析し、最も関心をもっているユーザーセグメントに対して、より適切な広告を配信することができます。また、GA4から収集されたデータを基に、見込み客リストを作成し直接Google広告で利用することで、広告のリーチを向上させながら、コンバージョン率の向上を図ることが可能です。広告成果とウェブサイトのユーザー行動をリアルタイムで比較分析し、データドリブンな意思決定をサポートします。GA4とGoogle広告の連携は、より効果的なオンラインマーケティング戦略を実現するためのキーとなり得るのです。

差異が生じるその他の理由と対策

GA4におけるデータの差異は、様々な要因によって発生します。たとえば、ユーザーがブラウザのクッキーを削除した場合や、プライベートブラウジングを行うことで新しいユーザーとしてカウントされることがあります。また、誤設定やフィルタリングの不具合も差異の一因です。

これらの問題に対処するためには、以下の対策が有効です。

  • トラッキングコードの正確な設置を確認する。
  • フィルタの設定を定期的に見直し、意図しない除外がないようにする。
  • ユーザーセグメントに基づく分析を行い、データの異常がないかチェックする。

これらを実行することで、より正確なデータを収集し、分析の精度を高めることが可能です。

まとめ

この記事では、GA4の基本概念と、GA4におけるユニークユーザーとアクティブユーザーの違いについて解説しました。また、ユーザー数が実際の訪問者数となぜ異なるのか、どのように計測されるのかを検証し、GA4のユーザー数レポートの精読方法とデータ活用のポイントについてご紹介しました。本記事をもとに、GA4ユーザー数の計測と解釈に使いこなし、広告戦略やサイト改善に役立てていただけることを願います。それらの理解を深めた上で、次はあなたのサイトの分析に挑戦してみましょう。

この記事を書いた人

SEO対策などのWEBマーケティングの研究を日々行なっております。デジタルマーケティングのことが誰にでもわかりやすいように、定期的に情報を発信します。

Cominka Labo Teamをフォローする
SEO対策
記事を共有する
IRORI by Cominka