MEOとは?ローカルSEOとの違いについて解説 SEO対策

MEOとは?ローカルSEOとの違いについて解説

  • MEOとは、Googleマップでの検索時に自社店舗などを上位表示化させること
  • 「ローカルSEO」とも呼ばれ来店可能な店舗を持つビジネスにおいては、Webマーケティング戦略の重要施策の一つ
  • 基本的に無料で設定から対策まで可能なので、自社ビジネスに合わせて実施しておきましょう

MEOとは?

MEOとはMap Engine Optimization(マップエンジン最適化)の略称で、主にGoogleマップでの検索時に自社店舗などを上位表示化させることを目的としたマーケティング施策です。

ローカルSEOと呼ばれることもあり、コロナ禍での外出自粛を経験し、多くの消費者がオンラインで事前調査を行うようになったことで来店可能な店舗を持つビジネスにおいては、Webマーケティング戦略の重要施策の一つです。

SEO対策との違い

SEO対策はGoogle検索画面上での表示順位を上位化するために、webサイトに対してキーワードやリンクの最適化を行うことを指します。一方、MEOとはGoogleマップ上での店舗検索などで表示される際に上位に表示されるようにGoogleビジネスプロフィールを最適化することを指します。

Googleマップ上での表示を主な目的とするため、店舗用のホームページを持っていない状態でもGoogleビジネスプロフィールを開設すれば対策を実施することが可能です。

Googleマップ上での検索結果において、ユーザーが近くにある店舗やサービスを探す際に、MEO対策を行った企業や店舗はそのエリアで上位表示されやすくなり目立ちます。さらに、Googleビジネスプロフィールに住所や電話番号、営業時間などをしっかりと記入しておくことで検索ユーザーの認知を獲得しやすくなります。

MEOの特徴

MEOの特徴は、ローカルエリアでの目立つ表示が可能なことです。Googleの検索結果では、検索キーワードが同じ場合、どこで検索しても表示される結果はほぼ同じ内容になります。

しかし、「ガソリンスタンド」と検索した場合、大阪と東京で表示される結果が異なります。基本的に検索結果の上部に表示されるローカルマップには検索場所から一定の範囲内の該当店舗や企業が表示されます。

近くのガソリンスタンド

これは、ユーザーの利便性向上のためGoogleが自動で行なっています。来店型のサービスを行なっている企業の場合、このマップ上に表示されるようになると集客増加につながる可能性が高いためしっかりと対策行っておくことが大切です。

MEO対策の方法紹介

ここからは具体的なMEO対策の方法をご紹介します。

Googleビジネスプロフィール(旧Googleマイビジネス)を開設する

MEO対策を始めるには、まずGoogleビジネスプロフィール(旧Googleマイビジネス)を開設する必要があります。Googleビジネスプロフィールは、Googleマップ上での店舗情報を管理するための無料のツールです。(Googleアカウントが必要です。)

開設する際には、正確かつ詳細な情報を入力することが重要です。店舗の名前、住所、営業時間、連絡先など、ユーザーが求めている情報を的確に提供することが求められます。

webサイトを運営している方は、webサイト上とGoogleビジネスプロフィール上の店舗の名前、住所、電話番号表記を全て揃えましょう。

ユーザーの口コミやレビューを集める

Googleビジネスプロフィールを解説した後は、口コミやレビューを集めることも重要なMEO対策となります。Googleマップ上での検索結果には、店舗の評価やレビューが表示されるためです。

ユーザーは他の人々の評判や意見に大きな影響を受けることがありますので、良い口コミや評価を集めることで集客増加に繋げることが可能だからです。

ローカル検索結果では、Googleビジネスプロフィールだけでなくエキテン、ぐるなびの口コミや地域紹介サイトなど地域情報を多く掲載しているサイトからのリンクも重要な要素です。

オンラインだけでなく、店舗を持っている企業は来店者に対して口コミ投稿を促すため接客時に口頭で案内したり、店内にQRコードを発行して投稿しやすくするなどの対策がおすすめです。

MEO対策を行う上での注意点

MEO対策を行う上で、いくつか注意しておくべきポイントがあります。

  1. 正確な情報提供:Googleビジネスプロフィールに店舗の正確な情報を入力することが重要です。住所や連絡先、営業時間などを明確に示すことで、ユーザーが求めている情報を提供しましょう。
  2. Googleビジネスプロフィールのビジネス名:Googleビジネスプロフィールに登録するビジネス名ですが、「株式会社Cominika」のような正式名称かつ認知されている名称を登録してください。例えば「SEO対策なら大阪の株式会社Cominika」のような地名やキャッチコピーを入れることは、ガイドライン違反となります。

Googleに掲載するローカルビジネス情報のガイドライン

まとめ

MEO(Map Engine Optimization)は、Googleマップ上での検索結果において自社店舗を上位表示させるためのマーケティング施策です。ローカルエリアでの目立つ表示が可能であり、ユーザーの集客増加につながる可能性があります。

ある程度の時間をかけることで無料で利用可能な対策手法なのでぜひこの機会に施策をスタートさせてみてください。

この記事を書いた人

SEO対策などのWEBマーケティングの研究を日々行なっております。デジタルマーケティングのことが誰にでもわかりやすいように、定期的に情報を発信します。

Cominka Labo Teamをフォローする
SEO対策
記事を共有する
IRORI by Cominka