GoogleはAI要約の処理を高速化し、検索生成型体験(SGE)に視覚要素に効果を与える3つの新機能を追加しました! ニュース

Googleは検索生成型体験(SGE)に視覚要素に効果を与える3つの新機能を追加しました!

Googleは、新たにAIによるSGEへの3つの新機能を発表しました。これらの機能が実装されることでユーザーの検索体験がより向上されました。

この新機能については、Googleの公式ウェブサイト上のブログで詳しく紹介されておりますが、2023年に導入されたGoogleの検索生成型体験(SGE)を拡張しています。SGEは、AIを活用して高速にトピック要約を生成し、有益な画像、動画、リンクを提供することが特徴の機能です。これにより、ユーザーは今までより効果的な検索を行うことができます。

検索結果に画像と動画が表示

検索結果に画像と動画が表示されるようになりました。
例えば、カレーの作り方などと検索すると、手順を画像と動画で説明してくれるようになりました。
こういった画像と動画での説明は、情報を視覚的に表現しているので、理解を深め、記憶に定着させる事が可能になり、よりユーザーの利便性が向上しました。

検索結果表示の高速化

AIシステムの改善により、検索結果の表示が半分に短縮され、さらに高速な応答が可能となります。これによりユーザーはより早く情報にアクセスができるため、効率的な検索が可能になりました。

検索結果の参照WEBサイトに公開日を表示

検索結果の参照WEBサイトへのリンクと共に公開日が表示されるようになりました。
これにより、ユーザーはページの情報の最新性と信頼性を検索結果で確認することができるようになりました。

まとめ

Googleは検索生成型体験(SGE)に関する新機能を新たに追加しました。

これらの新機能は、GoogleのAI技術の進化と、ユーザーの利便性と情報の正確性を向上させる取り組みの一環として注目されています。

SGEに関する技術はAIの発展によって今後もさらなる動きが予想されるので今後の動向に注目していきましょう!

この記事を書いた人

SEO対策などのWEBマーケティングの研究を日々行なっております。デジタルマーケティングのことが誰にでもわかりやすいように、定期的に情報を発信します。

Cominka Labo Teamをフォローする
ニュース
記事を共有する
IRORI by Cominka