Screaming Frog SEO Spiderがバージョン19にアップデート ツール

Screaming Frog SEO Spiderがバージョン19にアップデートされました

今回は、みんなが大好きなSEOツール、Screaming Frog SEO Spiderの素晴らしいニュースをお届けします!Screaming Frog SEO Spiderがついにバージョン19にアップデートされました!

このツールは、私たちのウェブサイトのSEOを最適化する際に欠かせない頼もしい相棒であり、今回のアップデートによりますますパワフルに進化しました。バージョン19では、新しい機能と改良がたくさん追加されています。

アップデートされたデザイン

見た目がリフレッシュされ、GUI(グラフィカルユーザーインターフェース)の外観が微妙に変更されました。また、クロールの動作設定(サブドメインのみ、サブフォルダーのみ、すべてのサブドメインなど)がメインナビゲーションに移動し、使いやすくなりました。

これらのオプションは以前は設定内にありましたが、このアップデートにより、無料ユーザーでも利用できるようになりました。

メインテーブルには交互の行の色が設定され、アイコンも更新され、さらにTwitterのアイコンとリンクが削除されました!UX、タブ、フィルターはほぼ変わっていませんが、設定は大幅に改良されています。

統合された設定

設定が1つのダイアログに統合され、各セクションへのリンクが設けられました。これにより、個別に開いて閉じるよりも、設定の調整が効率的に行えるようになりました。既存のユーザーには馴染みのある設定項目の名前や場所が保たれつつ、新しいユーザーにもわかりやすくなっています。

また、いくつかの細かい調整も行われています。例えば、設定プロファイルの保存と読み込みは、「ファイル」メニューではなく、「設定」メニューの下に表示されるようになりました。

ユーザーインターフェース、言語、保存モードなどのシステム設定は、「ファイル > 設定」で統合された設定として利用できます。

設定ダイアログで「キャンセル」ボタンを使って、行った変更を取り消すこともできます。

セグメント

バージョン19では、Screaming Frog SEO Spiderがセグメント機能を追加しました。異なるテンプレートやページタイプなどで問題を特定・監視できる便利な機能です。設定は簡単で、セグメントバーで問題箇所を一目で確認できます。また、セグメントごとにXMLサイトマップを作成し、Looker Studioレポートでもセグメント別に監視できます。

Visual Custom Extraction(ビジュアルカスタム抽出)

ビジュアルカスタム抽出(Visual Custom Extraction)は、SEO Spiderの強力な機能の1つですが、XPathやCSSPathの学習が難しいと感じるユーザーも多いです。

そこで、新たにウェブページをブラウザで開き、直感的に抽出したい要素を選択できるようにしました。自動で正しいXPath/CSSPathを生成し、他のオプションも提供します。

エクストラクターの横にあるウェブページのアイコンをクリックしてブラウザを開き、URLを入力し要素を選択します。SEO Spiderが抽出範囲をハイライトし、プレビューで結果を表示します。

XPathやCSSPath、正規表現を使いこなす方は従来通り入力可能です。

現時点ではJavaScriptの抽出には対応していませんが、将来的にはさらなる機能拡張を予定しているそうです。

3Dビジュアライゼーション

すでにクロールのビジュアライゼーションが好評の方には、新たに3D Force-Directed Crawl Diagramと3D Force-Directed Directory-Tree Diagramが導入されたことに喜んでいただけるでしょう。

これらのビジュアライゼーションは、既存のクロールとディレクトリツリーのビジュアライゼーションと同じように機能しますが、3Dで動作します。ノードを宇宙の中で移動させたり、ビジュアライゼーション内に入り込んだりすることができます。

ただし、これらのビジュアライゼーションは現在100,000個のURLに制限されています。それ以上のURLを扱うと、パソコンが壊れてしまうかもしれません。100,000個のURLでも、ビジュアライゼーションは少しクレイジーになります。

実用的というよりは、見た目を楽しむ機能だそうです。キャプチャして資料に貼ったりすると良いかもしれません。

新しいフィルターと問題点

バージョン19では、既存のタブにさまざまな新しいフィルターや問題点が追加されました。これにより、データをより効果的にフィルタリングしたり、発見した問題を伝えたりすることができます。

新しい利用可能なフィルターには以下のようなものがあります:

  • 「URL > GAトラッキングパラメーター」 - Google Analyticsのトラッキングパラメーターを含むURL
  • 「ページタイトル > <head>の外」 - head要素の外にあるページのタイトル要素
  • 「メタディスクリプション > <head>の外」 - head要素の外にあるページのメタディスクリプション
  • 「H1 > h1内のAltテキスト」 - h1内に含まれる画像のAltテキスト
  • 「H1 > 非連続」 - h1がページ内で最初の見出しではないページ
  • 「H2 > 非連続」 - h2がh1の次のレベルでないページ
  • 「コンテンツ > ソフト404ページ」 - エラーページとして表示されるが「200」ステータスコードで応答するページ
  • 「コンテンツ > Lorem Ipsumのプレースホルダー」 - プレースホルダーとして使用される「Lorem ipsum」テキストを含むページ
  • 「画像 > サイズ属性がない画像」 - HTMLにサイズ(幅と高さ)の属性が指定されていない画像要素
  • 「画像 > サイズが正しくない画像」 - 実際のサイズと表示時のサイズ(WxH)が一致していない画像
  • 「カノニカル > <head>の外」 - head要素の外にあるカノニカルリンク要素
  • 「ディレクティブ > <head>の外」 - head要素の外にあるメタロボット要素
  • 「Hreflang > <head>の外」 - head要素の外にあるHreflangリンク要素
  • 「JavaScript > JavaScriptエラーを含むページ」 - ページのレンダリング中にChrome DevToolsコンソールログに記録されたJavaScriptエラーを含むページ
  • 「バリデーション > <html>の前に<body>要素がある」 - 開始html要素の前にbody要素があるページ

これらの新しいフィルターにより、さまざまな問題点をより簡単に把握できるようになります。また、新しいデータの収集と報告により、画像要素の寸法属性や表示サイズなどの詳細情報も確認できるようになりました。

まとめ

以上がScreaming Frog SEO Spiderのバージョン19のアップデート内容です。これらの新機能や改善は、ウェブサイトのSEO分析と最適化をより効果的に行う手助けとなることでしょう。

新しい3Dビジュアルやビジュアルカスタム抽出など、使いやすく楽しい機能が追加されました。また、さまざまなフィルターや問題点の追加により、ウェブサイトの問題を素早く特定し、改善することができます。

これらのアップデートにより、より効率的なSEO戦略の立案やウェブサイトのパフォーマンス向上に貢献できることでしょう。

Screaming Frog SEO Spiderは、常に進化し、より優れたツールに進化しています。引き続き最新のアップデートに注目して、ウェブサイトのSEO対策をより一層強化していきましょう。

Screaming Frog SEO Spider Update – Version 19.0 - Screaming Frog
We’redelightedtoannounceScreamingFrogSEOSpiderversion19.0,codenamedinternallyas‘Peel’.Thisupdatecontainsanumberofsignificantupdates,newfeaturesandenhancementsba...